前科と前歴の違い|知っておきたいその後の生活の影響度

~いざという時の備えに~刑事事件コラム

 > 
 > 
 > 
前科と前歴の違い|知っておきたいその後の生活の影響度
キーワードからコラムを探す
刑事事件 無料相談Q&A

過去の「質問と回答」から検索する


刑事事件に関する相談を匿名で投稿する

Btn-post ※専門家からの回答は
 約2営業日前後で投稿されます
刑事事件コラム

前科と前歴の違い|知っておきたいその後の生活の影響度

Ra2studioshutterstock

逮捕されて、有罪になると前科がついてしまいます。前科と似た言葉に、前歴というものがあるのをご存知でしょうか?起訴されず前科がつかなかった!と思っていても、前歴がついていたなんてこともあります。
 
それでは、前科と前歴はどう違うのでしょうか。それぞれ、生活にどのような影響が出るのでしょうか。付いてしまった前科、前歴を消すことなどできないのか。前科と前歴はどうやって調べるのか。それぞれ詳しく説明していきます。
 


前科をつけない為の弁護方法があります。
 
しあなたの親族が「逮捕・起訴・勾留」されているのであれば、一刻も早く弁護士に相談されることをオススメします。事件の状況や弁護方法によっては前科を免れることも可能です。

被害者への示談や事件を深く反省することで不起訴処分を目指します。不起訴を獲得すると前科は付きませんが、弁護士の力も必要になってくるでしょう。

ほとんどの事務所が通話料無料で連絡できますので、下記よりお近くの弁護士を探してご相談ください。
 
地域から刑事事件を得意とする弁護士を探す
関東  東京神奈川埼玉千葉茨城群馬栃木
関西  大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山
北海道・東北  北海道青森岩手宮城秋田山形福島
北陸・甲信越  山梨新潟長野富山石川福井
東海  愛知岐阜静岡三重
中国・四国  鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄  福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄


刑事事件の解決を得意とする弁護士を探す
 


【目次】
前科と前歴の違い~どこから前科で、どこから前歴か
 ◆前歴が付く場合
 ◆前科がつく場合
前科と前歴の違い~それぞれ、生活にどのような影響が出るのか
 ◆就職編
 ◆子育て編
 ◆人間関係編
 ◆お金編
前科と前歴を消すことはできないのか?
前科と前歴の調べ方
まとめ
 

前科と前歴の違い~どこから前科で、どこから前歴か

まず、簡単に説明すると、逮捕、起訴されて、裁判で有罪判決を受けた人は前科が付きます。これに対し、逮捕されたが起訴されず、裁判にかけられなかった人は前歴が付きます。
 

前歴が付く場合

前歴は、逮捕された場合に付きます。逮捕されると、検察官が起訴するかしないかを判断します。検察官が起訴するべきでないと判断した場合不起訴処分を受けるわけですが、不起訴となる理由はおおまかに3つあります。
 

嫌疑なし

犯行に関わっている可能性がないと判断された場合。

嫌疑不十分

犯行を行ったという可能性はあるが、それを立証する証拠が少ない場合。

起訴猶予

犯行は行われたと認められるが、比較的罪が軽いや、被疑者が深く反省しているなど
 
このように不起訴となった場合、前科がつくことはありません。しかし、逮捕されたという事実は残りますので前歴は付く事になります。要するに、逮捕という事実があった場合や起訴不起訴の判断を受けた場合には必ず前歴がつくということです。
 

前科がつく場合

一方前科は、起訴され裁判で有罪判決を受けた人に付きます。懲役や禁錮などの実刑なら前科者のイメージがしやすいですが、略式起訴(※)で罰金刑を受けたという場合も有罪判決と同じです。したがって、スピード違反や器物損壊罪などの軽い犯罪でも、罰金刑を受けてしまえばそれは前科者となってしまいます。
 
※略式起訴:罰金刑は公判を行わず、簡略的に書類で起訴をする場合があります。
 

生活への影響度等は以下でご説明しますが、前科から免れるような弁護方法を取ることも不可能ではありません。もしも、ご家族の方が逮捕されてしまったら、弁護士に一度相談してみましょう。
 

地域から刑事事件に強い弁護士を探す

関東

 東京神奈川埼玉千葉茨城群馬栃木

関西

 大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山

北海道・東北

 北海道青森岩手宮城秋田山形福島

北陸・甲信越

 山梨新潟長野富山石川福井

東海

 愛知岐阜静岡三重

中国・四国

 鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知

九州・沖縄

 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

 

前科と前歴の違い~それぞれ、生活にどのような影響が出るのか

それでは、前科や前歴が付いていることで、日常の生活に何か支障をきたすことがあるのでしょうか?それぞれの観点で見ていこうと思います。
 

就職編

企業に前科や前歴が知られることがあるのか?

一般の企業では前科、前歴の有無を確認することも、知る方法も、本人からの申告がなければありえません。ただし、一部の企業によっては、前科、前歴を本人に確認する企業もあります。その際に、前科、前歴がないと言ってしまうと、経歴詐称(※)となります。
 
※経歴詐称:重大なものでなければこれのみを理由に不利益を受けることはありませんが、経歴詐称の対象が重大であり、会社の採用・人事判断に支障を与えるような場合、解雇の理由となり得ます。
 

履歴書に前科や前歴を書く必要があるのか?

履歴書に前科や前歴を記載する必要は一般的にはありません。前科・前歴は、最も他者に知られたくない高度なプライバシー情報であり、これを積極的に開示する義務はありません。但し、採用手続の中で確認の必要性について十分な説明を受けた上で、特に前科・前歴の有無を質問された場合には、嘘を言えば経歴詐称となる可能性はゼロではありません。

この点は、前科・前歴を正直に打ち明けるリスク(不採用リスク)と後に発覚した場合の経歴詐称リスク(解雇リスク)を比較して、正直にいうべきかどうか、判断すべきでしょう。
 
現実的には、懲役刑を受けたことで履歴書に空白期間が生まれている場合に、会社から空白期間のある理由を確認されるというケースが考えられます。1年以内の空白期間は、「無職」や「就職活動中」でまかり通ると思いますが、1年以上の懲役の場合は、前科者を受け入れてくれる企業を探すか、約8割の前科者は詐称をしている現状があるようです。
 

前科、前歴があると就けない職業は有るのか?

前科、前歴が不利になる職業はあります。
 
【弁護士、弁理士、教員】
禁錮以上の前科者は欠格事由となりますので、一定期間内は再度受ける権利を失います。
 
【その他国家資格を必要とする職業】
国家資格によっては、禁錮以上の前科者は欠格事由とされます。やはり、この場合、一定期間は就業できないということになるでしょう。
 
【金融に関する仕事】
金融機関の職業の身元調査は、厳密に行われています。前科があるとかなり不利になってしまう可能性があります。
 
【警備員】
警備業法により、禁錮以上の前科者は刑の終了から5年間警備員の仕事につくことができません。
 

子育て編

学校で親の前科、前歴が判明することがあるのか?

教育機関内で判明することはまずありえないでしょう。ただ、ことわざにも「悪事千里を走る」とあります。うわさ話で話が広がることは考えられます。
 

親の前科、前歴で就職に不利になることはあるのか?

判断が難しいところですが、金融機関は身元調査が厳しいため、親が前科を持っていた場合、不採用の理由になる場合があります。また、警察関係も独自の前科、前歴のデータを保有している場合があり、不利になる可能性があります。

ただ、基本的に前科・前歴の調査は困難であり、親族の前科・前歴を調べるのは容易では無いので、大きな心配は不要なように思われます。
 

人間関係編

前科や前歴が婚約相手にバレるのか?

普通にしていればまずバレることはありません。しかし、これからの先のことを考えるのであれば、婚約相手には全てを打ち明けておいたほうが良いでしょう。特に、罪が重い場合、婚約相手の両親は反対をする可能性が十分にあります。ハードルも高くなりますが、誠意を見せましょう。
 

前科、前歴を理由に離婚は成り立つのか?

離婚原因は5つの民法で定められていて、その5つめにその他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。とあります。単に前歴程度では認められないといえますが、殺人や強盗などのよっぽど重い前科があり、これを秘していたことで夫婦の信頼関係が著しく崩れたという場合は離婚原因となり得ると思われます。
 

お金編

前科、前歴があると、ローンを組めるのか?

こちらから、「前科があるんですけどローン組めますか?」と、余計なことを言わない限り全然問題ありません。ただし、服役中にカードの支払が滞り、ブラックリストに入ってしまっていたり、就職で苦戦していて、収入が少ないと言った理由で審査が通らないことがあります。
 

前科、前歴があると、国からの保護を受けられるのか?

認定されれば受けることができます。すべての国民は法の下に平等であって差別されることはありません。なので、前科、前歴を理由に国の保護を受けることができないことはありません。
 

海外に行けるのか?

問題ありません。パスポートは普通に取れます。アメリカなどの入国時に犯罪歴を書かないといけない国などは事前にビザを取らないと行けない可能性がありますが、そうでない限り入国できないことはありません。
 

前科と前歴を消すことはできないのか?

結論からお伝えすると、消すことはできません。犯罪歴は3つの機関で保管されており、そのことが外部に漏れるということはありません。
 

警察

前科、前歴とも警察のデータベースに保管されています。当該者が死亡するまで残ります。再犯の防止や、事件の解決のために使用されます。
 

検察

警察と同様、検察も前科前歴のデータベースを保有しています。当該者が死亡するまで残ります。再犯を犯した際の判決の基準になります。
 

本籍地の市区町村

罰金刑以上(交通前科を除く。)の罪を犯した者は、市区町村の犯罪人名簿に残されます。刑の言渡しの効力の消滅と同時に名前が削除されます。
 
この3つの機関に前科、前歴は残ってしまいます。前科、前歴は消すことができません。しかし、この3つの機関から前科、前歴の情報が漏れ出すことはまずありませんので、日常生活を送る上で何の問題もありません。

前科がある事で生活に大きな影響があるとは言えません。しかし、刑事事件に関わってしまったのであれば話が変わってきます。​前科がある事で大きな悪影響も考えられますので、一度弁護士に相談することをおすすめします。
 

地域から刑事事件に強い弁護士を探す

関東

 東京神奈川埼玉千葉茨城群馬栃木

関西

 大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山

北海道・東北

 北海道青森岩手宮城秋田山形福島

北陸・甲信越

 山梨新潟長野富山石川福井

東海

 愛知岐阜静岡三重

中国・四国

 鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知

九州・沖縄

 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

 

前科と前歴の調べ方

前科や前歴を警察庁、検察庁、市区町村から確認することは不可能です。これは、例え本人が前科を確認したいと申し出ても、教えてくれることはありません。
 
ただし、マスコミによる、実名報道があった場合は、インターネットで名前を検索すると、犯罪歴を調べることができます。現段階で、インターネット上に残った犯罪歴を削除することは難しいのが現状です。ただ、google検索から情報を削除依頼することもできますので1度試してみるのも良いでしょう。
 

まとめ

一度逮捕されてしまうと、前科、前歴が一生残ってしまいます。犯罪の大きさでも影響度は違うでしょうが、禁錮以上の前科がある方は影響が出てくる場合があります。

前科、前歴の情報が分かってしまうことはほとんどありませんが、その後の人生を考えるにあたって、婚約者や会社など信頼を得た後に打ち明けることがいいのではないのでしょうか。大切なことは、その後しっかり反省し、二度と罪を犯さないことでしょう。
 

刑事事件が得意な弁護士へ相談する

関東地方で刑事事件が得意な弁護士

東京神奈川埼玉千葉茨城群馬栃木

関西地方で刑事事件が得意な弁護士

大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山

北海道・東北で刑事事件が得意な弁護士

北海道青森岩手宮城秋田山形福島

北陸・甲信越で刑事事件が得意な弁護士

山梨新潟長野富山石川福井

東海地方で刑事事件が得意な弁護士

愛知岐阜静岡三重

中国・四国で刑事事件が得意な弁護士

鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知

九州・沖縄で刑事事件が得意な弁護士

福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄
 

 

弁護士への相談で刑事事件の早期解決が望めます


刑事事件に関する専門知識もつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

・罪に問われた身内を助けたい
・窃盗罪や傷害罪で捕まってしまった
・痴漢冤罪などの冤罪から逃れたい

など、刑事事件でお困りの事を、【刑事事件を得意とする弁護士】に相談することで、刑事事件の早期解決となる可能性が高まります。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。あなたの相談に、必ず役立つことをお約束します。

編集部

本記事は刑事事件弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※刑事事件弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

窃盗罪に関する新着コラム

窃盗罪に関する人気のコラム

刑事事件相談の「質問と回答」から検索/刑事事件に関する相談を投稿

過去に他の方から投稿された刑事事件相談の「質問と回答」から検索する


刑事事件に関する相談を匿名で投稿する ※専門家からの回答は約2営業日前後で投稿されます

Btn-post

窃盗罪コラム一覧へ戻る