キーワードからコラムを探す

新着の刑事事件コラム一覧

358

101 - 150 件を表示

交通違反・事件を起こしたら
酒気帯び運転で逮捕される基準や刑罰|事故を起こした場合の罪も解説
酒気帯び運転は交通違反の中でも刑事事件として逮捕され重い刑罰を科せられるおそれのある行為です。飲酒により正常な運転ができない状態で運転し、人を死傷させた場合は危険運転と扱われて懲役刑が下される場合もあるので、弁護士に相談してサポートを求めましょう。
横領・背任事件を起こしたら
背任罪とは?構成要件や逮捕後の対応をわかりやすく解説
背任罪(はいにんざい)とは、人から仕事を任されているとき、背信的な行為によって損害を発生させると成立する罪のことです。この記事では、背任罪の概要や背任行為が発覚した際の対処法などをご説明します。
性犯罪事件を起こしたら
売春防止法とは?違反時の罰則や逮捕後の対応を解説
売春防止法(ばいしゅんぼうしほう)とは、売春やそれを助長する行為を防止・処罰するための法律です。この記事では、売春防止法の概要や罰則、逮捕された後の流れや対処法などについて解説します。
逮捕された場合の対処法
警察から電話が来るのはなぜ?4つの理由と最適な対処法
この記事は、身に覚えがないのに警察から電話が来た人に向けて、その理由と対処法についてお伝えします。警察の用件や電話に出られなかったときの対応方法など。万一、被疑者として警察から呼び出された場合の対処法や黙秘権についても解説します。
弁護士への依頼・相談
【刑事事件】女性弁護士に相談したい人必見|依頼のメリットや選び方を解説
刑事事件を女性弁護士へ相談したい場合、どんなメリットがあり、どのように探せばよいのでしょうか?この記事では、刑事事件を女性弁護士へ相談するメリットや、理想の女性弁護士を見つける方法についてご紹介します。
性犯罪事件を起こしたら
強制わいせつ罪で逮捕される行為|逮捕時の対処法や流れを解説
強制わいせつ罪は、数多くの刑法犯のなかでも「逮捕されやすい犯罪」です。強制わいせつ罪で逮捕されてしまったら、すぐに弁護士に相談して刑事弁護を依頼しましょう。早期釈放や不起訴処分の獲得を目指すには、法律の専門家である弁護士のサポートが必須です。
盗撮事件を起こしたら
盗撮で逮捕されたらどうなる?逮捕後の流れと刑罰、後日逮捕される可能性を解説
軽い気持ちで盗撮行為に及んでしまい、「逮捕されるのではないか」「どのような刑罰を受けるのか」と不安に感じている方もいるのではないでしょうか。本記事では、逮捕後の流れや刑罰の内容、後日逮捕の可能性などを解説しているので、参考にしてみてください。
弁護士への依頼・相談
冤罪逮捕で弁護士に相談すべき5つの理由と良い弁護士の選び方
冤罪を晴らすためには、弁護士に依頼をし、やっていない証拠を集めなければなりません。この記事では、冤罪事件で弁護士に依頼をするべき理由や、いい弁護士の選び方などをご紹介します。
逮捕された場合の対処法
被疑者ノートとは?被疑者の権利を守るツールの入手方法、活用方法を解説
被疑者ノートとは、被疑者本人が取り調べの状況や内容を記録するためのノートです。違法や不当な取り調べを予防したり、今後の刑事弁護に利用できたりと、身を守るために必須のツールです。被疑者ノートを上手に活用する方法を解説します。
窃盗(強盗)事件を起こしたら
置き引き初犯の量刑相場は?罪が重くなる要因と弁護士依頼の判断基準
置き引きは、正式には遺失物等横領罪や占有離脱物横領罪と呼ばれるれっきとした犯罪です。場合によっては窃盗罪と評価されることもあります。この記事では、置き引き初犯の量刑を、弁護士の解説を交えてわかりやすく解説します。
刑事事件の基礎知識
略式命令とは|罰金や前科などのデメリット・早期釈放のメリットを解説
略式命令は簡易な刑事裁判手続です。100万円以下の罰金刑である犯罪で、被疑者の同意がある場合に選択されます。この記事では略式命令の概要や、略式命令になる流れやメリットデメリットなどを解説します。
刑事事件の基礎知識
在宅事件とは|在宅になる条件やその後の流れ・身柄事件との違いを解説
在宅事件とは、被疑者が勾留による身柄拘束をされないまま捜査が進められる刑事事件です。この記事では、在宅事件とはどのようなもので、どういったケースで選択されるのか、流れも含めて解説していきます。
弁護士への依頼・相談
在宅事件でも弁護士の存在は重要!依頼すべき3つの理由とは
在宅事件は、身柄を拘束されずに普段通りの生活を送れることとから、弁護士に依頼する必要性を感じにくいかもしれません。しかし、在宅事件だからと軽く考えてしまうと危険です。この記事では、在宅事件になっている場合に弁護士に依頼すべき理由について紹介します。
刑事事件の基礎知識
実名報道される4つのデメリット|報道される基準と回避方法について
実名報道されてしまうことのデメリットは多く、一度報道されてしまうと日常生活に大きな影響を及ぼします。この記事では、実名報道されることによるデメリットを中心に、実名報道される判断基準などについて解説します。
横領・背任事件を起こしたら
占有離脱物横領とは|遺失物横領との違いや逮捕された場合の罪を解説
道端に放置された自転車を見て、「もらっちゃおうかな」と思ったことはありませんか?でもその行為、占有離脱物横領罪に問われる可能性があるとご存知でしょうか。この記事では、占有離脱物横領罪がどんな罪なのか、逮捕されたらどうなるのかについて、わかりやすく解説します。
性犯罪事件を起こしたら
風俗トラブルは弁護士が解決|今すぐ相談すべきケースと解決までの流れ
風俗トラブルに巻き込まれてしまうと、風俗店側から多額の慰謝料などを請求されるほか、勤務先や家族に知られてしまうというリスクがあります。風俗トラブルへの対応は弁護士への相談・依頼をおすすめします。
盗撮事件を起こしたら
盗撮再犯で逮捕|初犯との違いは?弁護士依頼で減刑・裁判例を紹介
この記事では、盗撮再犯の場合に初犯ことなるポイントや、盗撮再犯の裁判例、弁護士に依頼するメリットなどをお伝えします。
性犯罪事件を起こしたら
青少年健全育成条例|違反にあたる行為・時効・罰則を解説
青少年保護育成条例とは、18歳未満の児童が健全に成長できるように、大人に注意をうながすための条例です。この記事では、青少年保護育成条例違反になりうる行為と罰則・判例などについて解説します。
逮捕された場合の対処法
準抗告とは?対象事由や類似の手続きについて解説
準抗告とは、身柄拘束や接見に関する処分など、裁判官の決定に対する不服申立てのことをいいます。この記事では、どのようなときに準抗告をするのか、勾留に対する準抗告で主張する内容、準抗告と似た手続きなどについて解説します。
性犯罪事件を起こしたら
強姦事件・強制性交等事件で被疑者が不起訴になる理由や確率
強姦は2019年現在の法律では、強制性交等罪として処分される重大な性犯罪です。しかし実際には、一定数が不起訴処分になっており、検挙された全加害者が刑事裁判を受けているわけではありません。
逮捕された場合の対処法
留置所での面会の流れと接見できない場合について
留置所での面会の流れや制限についてお伝えします。接見禁止になる場合や弁護士に相談するべき場合などについてもご説明するので、併せて参照してみてください。
痴漢事件を起こしたら
夫(旦那)が痴漢で逮捕されたら仕事や家族はどうなる? よくある疑問を徹底解説!
夫(旦那)が痴漢で逮捕された場合、会社をクビになるのか、会社や周囲になんといえばいいのかなど様々な不安を持つと思います。この記事では、夫が痴漢で逮捕されたときによくある疑問や離婚すべきか、弁護士への依頼のメリットについて解説しています。
窃盗(強盗)事件を起こしたら
息子が万引きしたら|罰則・親ができること・弁護士を呼ぶべきケースとは
息子さんが万引きをしてしまった際に、親御さんが対応するべきことを解説します。今後起こり得ることや、弁護士を呼んだほうがいい場合などについても解説するので、あわせて確認しておきましょう。
薬物事件を起こしたら
大麻事件は弁護士に相談!大麻取締法の概要や弁護士に依頼するメリット
大麻の所持や栽培、譲渡などによって家族が逮捕された場合は、弁護士に依頼することが大切です。この記事では、大麻に関する取り締まりと弁護士に依頼するメリットなどを解説しています。
逮捕された場合の対処法
接見とは?面会との違い・禁止になるケース・弁護士に依頼するメリット
逮捕された家族と面会したいと考えていたところ、接見という言葉を知り、気になっている方もいるでしょう。この記事では、接見の意味や方法、弁護士への接見の依頼などについて解説します。
性犯罪事件を起こしたら
強姦やレイプ事件は示談できる?示談金相場や示談の流れをわかりやすく解説
「家族が強姦事件の加害者になってしまった」とお悩みではありませんか?この記事では、刑事事件で重要となる示談について解説します。強姦の示談のメリットや効果、示談の流れ、示談書の内容、強姦の示談金の相場、弁護士に依頼するメリットと費用、よくある疑問にお答えします。
横領・背任事件を起こしたら
横領事件は弁護士に相談!横領の特徴から傾向まで徹底解説
横領が会社に知られた場合は、種類や罰則などを確認し、少しでも状況が良くなるように対処することが大切です。この記事では、横領の特徴や傾向、弁護士に相談するメリットなどを解説しています。
窃盗(強盗)事件を起こしたら
万引きを示談で解決するには|示談金の相場と和解できない時の対処法
万引きで示談交渉をしたいけれど、そもそも示談とは何なのか、示談はどうすればいいのかと疑問が尽きませんよね。この記事では、万引きにおける示談の意味とメリット、万引きの示談金の相場、示談書、示談の流れやタイミング、弁護士に依頼するメリットと費用を解説します。
刑事事件の基礎知識
検察から呼び出しがあった場合のベストな対応|拒否や日時変更は可能?
検察から呼び出しがあった場合、今後どのようなことが起こり得るのでしょうか?この記事では、検察から呼び出しがあった際に考えられることや、今後の対応などについてご説明します。
盗撮事件を起こしたら
夫(旦那)が盗撮で逮捕された!家族を守るために今すぐすべきこと
この記事では夫(旦那)が盗撮で逮捕された方に向けて、どういった罪に該当し、どの程度の刑事罰を受ける可能性があるかを解説したあと、早期釈放や不起訴などのためにご家族ができることを紹介します。
性犯罪事件を起こしたら
準強制わいせつ罪とは?不起訴獲得に弁護士の協力が欠かせない理由
準強制わいせつ罪は、人の心神喪失や抗拒不能に乗じたわいせつ行為に対して問われる罪です。6ヶ月以上10年以下の懲役に処される可能性があります。不起訴処分を目指すならすぐに弁護士に依頼しましょう。
弁護士への依頼・相談
私選弁護人の弁護士費用の相場|費用の事例と費用を抑える5つの方法
刑事事件で最も頼りになる存在が、私選弁護人です。しかし、弁護士費用はどのくらいかかるのでしょうか。この記事では、私選弁護人の弁護士費用の相場と内訳、報酬金が変動する場合、実際に依頼した場合のケース、弁護士費用を抑えるコツなどを解説します。
弁護士への依頼・相談
【刑事事件の加害者向け】弁護士に電話相談できる窓口|24時間・土日可
本記事では、刑事事件について弁護士に電話相談できる窓口や弁護士の探し方、弁護士費用の相場や費用を抑えるコツなどを解説します。
横領・背任事件を起こしたら
業務上横領罪とは?構成要件と逮捕されないケース|判例と刑罰も詳しく解説
業務上横領罪は業務上の責任に違反して、他人の金銭などを着服する重大な犯罪です。この記事では業務上横領罪の成立要件・時効・逮捕後の手続き・量刑などを解説します。
その他の犯罪を起こしたら
脅迫罪で逮捕されたら?弁護士選びのポイントと費用相場
脅迫事件を含む刑事事件では逮捕・勾留、起訴までの時間が限られているため、できる限り早く弁護士に相談するのが重要です。そこで、弁護士を選ぶ際のポイントや弁護士がおこなってくれる弁護活動、弁護士費用の相場などを解説します。
逮捕された場合の対処法
未成年の息子が盗撮で逮捕|親がすべきこと・罰則や処分の内容について
未成年者が盗撮で逮捕された場合どうなってしまうのでしょうか。この記事では、息子が盗撮で逮捕されたら家族がすべきこと、盗撮で逮捕された場合の流れ、盗撮行為の罰則、未成年者の盗撮の処分の傾向を解説します。ご覧いただいて、解決のための行動をすぐに起こしましょう。
逮捕された場合の対処法
【事件発覚前】「逮捕されるんじゃないか」と不安な方へ
「罪を犯しました、私は逮捕されますか?」という質問がよく寄せられます。しかし、逮捕されるかどうかは警察次第なので、弁護士に相談しても明確な答えは得られません。この記事では、自首についてお伝えします。
その他の犯罪を起こしたら
迷惑防止条例違反の初犯の量刑と罰則|事件を早期解決する方法
迷惑防止条例違反の初犯の量刑はどのくらいなのでしょうか。不起訴?罰金?もしかして懲役?と不安に感じているのではないでしょうか。この記事では、迷惑防止条例違反の初犯の量刑や罰則、裁判事例、逮捕後の流れ、在宅事件のケース、事件を早期解決する方法について解説します。
弁護士への依頼・相談
私選弁護人と国選弁護人の違いは?両者のメリット・費用相場を紹介
私選弁護人とは、あなたや被疑者が費用を負担して、直接選任する弁護士のこと。国選弁護人は費用の負担はないものの、さまざまなデメリットがあります。結局どちらを選任すればいいの?とお悩みのあなたへ、私選弁護人と国選弁護人の比較やメリット・デメリットを解説します。
窃盗(強盗)事件を起こしたら
強盗初犯は執行猶予がつく?量刑の相場や過去の裁判例を解説
強盗罪の初犯の量刑はどのくらいなのでしょうか。この記事では、強盗罪の初犯の量刑相場、強盗初犯の裁判事例、強盗初犯の逮捕後の流れと処分の傾向などを解説します。強盗罪は重い処分が予想されますので、この記事で解説している、あなたにできることをすぐに行いましょう。
示談の基礎知識
刑事事件の示談の流れと交渉するタイミングを解説
刑事事件の示談交渉はどのような流れで成立するのでしょうか。この記事では、刑事事件の加害者の示談交渉の流れと、示談交渉を行うタイミングについて解説します。ご家族が逮捕されている、ご自身が在宅事件として捜査を受けているのであれば、ぜひ参考にしてみてください。
薬物事件を起こしたら
大麻初犯は実刑?執行猶予?罰則や判例・逮捕後の流れをご紹介
本記事では、大麻取締法違反に該当する行為とその罰則をお伝えしたうえで、初犯の判例や量刑判断に影響する要因を紹介します。
横領・背任事件を起こしたら
業務上横領は示談が重要!示談金の相場や成功させるポイントを解説
業務上横領には『10年以下の懲役刑』という非常に重い罰則が定められていますが、会社と示談を成立させることでその刑事罰を回避できる可能性が高まります。この記事では、示談金の相場やよくあるトラブルへの対処法など、業務上横領の示談をする方法についてご紹介します。
性犯罪事件を起こしたら
強制性交等罪の示談手続き|示談金の相場と示談のメリット
強制性交等罪は、被害者との示談が成立しているか否かが、刑罰の有無や量刑に大きく影響します。少しでも減軽を望むのであれば、早急に示談を検討するべきでしょう。この記事では、強制性交等罪で示談をするメリットや示談金の目安(相場)などをご紹介します。
刑事事件の基礎知識
出頭命令(出頭要請)とは?逮捕されるケースや取調べの注意事項
出頭命令とは、裁判所が被告人を指定の場所まで呼び出すために出す命令です。一方、警察からの呼び出しも出頭命令と呼ばれることがありますが、出頭要請または任意出頭が正しい名称になるでしょう。この記事では、出頭命令(出頭要請)について詳しく解説しています。
窃盗(強盗)事件を起こしたら
窃盗罪の示談金の相場|金額が決まる基準と示談の流れを解説
窃盗罪の示談金に相場はあるのでしょうか?この記事では、窃盗罪の示談金の相場、示談金が決まる基準、知っておきたい示談の効果、示談の流れや示談書、タイミングなど示談に関する疑問、弁護士に依頼した方がよいケース、窃盗罪の罰則まで解説します。
逮捕された場合の対処法
刑事事件に強い弁護士とは?良い弁護士を見抜くコツをご紹介!
刑事事件に強い弁護士とは、どんな弁護士のことなのでしょうか。この記事では、刑事事件に強い弁護士の特徴と、判断ポイント、依頼者の心構え、刑事事件に強い弁護士の探し方、弁護士に関するよくある疑問を解説します。ぜひ参考にしてみてください。
窃盗(強盗)事件を起こしたら
空き巣で逮捕されたら|問われる罪や罰則・過去の裁判例を解説
空き巣で逮捕されると、住居侵入罪や窃盗罪などに問われることがあります。この記事では、空き巣で逮捕された後の流れや量刑判断に影響する要因と判例、弁護士ができることなどについてお伝えします。
窃盗(強盗)事件を起こしたら
出し子は窃盗罪で逮捕される!?逮捕後の流れと罰則・対処法を解説
出し子は窃盗罪にあたり、懲役刑や罰金刑などの罰則が設けられています。近年、オレオレ詐欺や振り込め詐欺は厳罰化の傾向があるため、初犯でも実刑判決が下される可能性があります。この記事では、出し子で逮捕された場合の罰則や逮捕後の流れ、逮捕後の対応などを解説します。
詐欺事件を起こしたら
詐欺罪の構成要件と逮捕後の流れ|身近に存在する詐欺の手口と落とし穴
詐欺罪はニュースなどでも頻繁に取り上げられ、身近に存在することを実感する犯罪のひとつです。詐欺の構成要件は4つに分類されますが、複雑なものではなく身近に存在し、誰もが巻き込まれる危険性もある犯罪といえます。

358

101 - 150 件を表示

弁護士の方はこちら