3ページ目 刑事事件のコラム一覧

刑事事件にまつわる、お役立ちコラム一覧です。

 > 
刑事事件コラム
キーワードからコラムを探す

刑事事件コラム 一覧

147件の 刑事事件コラム 2130件を表示

Kakuseizai
公開日2017.9.12 カテゴリ 薬物犯罪

【弁護士監修】覚せい剤取締法違反で逮捕された後の流れと対...

今回は覚せい剤で逮捕されてしまった場合の刑事事件の流れや刑罰の重さ、逮捕されてしまった場合の対処法についてご説明していきます。
%e9%80%ae%e6%8d%95
公開日2017.8.25 カテゴリ 痴漢・わいせつ

再逮捕の仕組みを解説|再逮捕されるケースと再逮捕までの流...

再逮捕(さいたいほ)とは、既に逮捕され勾留状態にある人物を釈放直後、又は勾留しながら再び逮捕をすることです。
%e5%8b%be%e7%95%99
公開日2017.8.25 カテゴリ 痴漢・わいせつ

勾留とは|勾留される要件と早期に身柄を釈放してもらうため...

勾留(こうりゅう)とは、逮捕された被疑者、もしくは被告人を刑事施設に留置して拘束することで、逃亡や証拠隠蔽を防ぐために行います。
%e8%bb%8a
公開日2017.8.1 カテゴリ 傷害罪

危険運転致死傷罪に当てはまるケースと逮捕された後の流れ

危険運転致死傷罪(きけんうんてんちししょうざい)とは、飲酒・無免許運転などの危険な運転により相手を死傷させた場合に適用される罪です。
Pixta_21617114_s
公開日2017.6.8 カテゴリ 窃盗罪

鑑別所と少年院の違い|鑑別所の役割と観護措置を回避する方...

鑑別所(かんべつしょ)とは、正式名称は少年鑑別所と呼ばれ、家庭裁判所の少年審判を開くために犯罪を犯した未成年の少年を収容し、少年審判で処分を決めるための材料を集めたり調べたりする施設のことです。
Pixta_26163186_m
公開日2017.5.7 カテゴリ 殺人罪

殺人未遂事件で執行猶予判決になる基準と弁護活動のメリット

殺人未遂罪でも刑罰が軽くなれば執行猶予を受けられる可能性があります。執行猶予を獲得するためには、殺意がないことの証明が最も重要になるでしょう。
Pixta_14582387_m
公開日2017.5.7 カテゴリ 殺人罪

殺人未遂における公訴時効の基準と公訴時効が停止する条件

殺人未遂罪による公訴時効は25年ですが、事件について起訴をされると時効が停止します。今回は殺人未遂事件における時効期間と時効停止の基準について解説していきます。
Pixta_29251252_m
公開日2017.4.28 カテゴリ 殺人罪

殺人未遂における量刑の相場|量刑の加重減軽を決める基準

殺人未遂罪による量刑の相場は3年~15年が一般的だとされていますが、未遂罪による減免が考慮されるため比較的軽い量刑になる可能性も高くなります。
Pixta_28347469_m
公開日2017.4.24 カテゴリ 殺人罪

殺人未遂による懲役刑の基準と減軽させる3つのポイント

殺人未遂罪による懲役刑は法律上5年以上の懲役が定められていますが、犯行方法や殺意の有無によって減軽の可能性もあります。今回は殺人未遂における懲役刑を定める基準について解説したいと思います。
%e7%9b%b8%e8%ab%87
公開日2017.3.22 カテゴリ 痴漢・わいせつ

刑事事件で弁護士に相談すべき人と相談するメリット

刑事事件に関わってしまったのであれば、すぐさま弁護士に相談するようにしましょう。本記事では、すぐさま弁護士に相談すべき人と、弁護士に相談した場合のメリットをお伝えします。
147件の 刑事事件コラム 2130件を表示