キーワードからコラムを探す

新着の刑事事件コラム一覧

361

301 - 350 件を表示

刑事事件の基礎知識
前科と前歴の違い|それぞれの定義・生活や就職・ローンへの影響を解説
逮捕されて有罪になると前科が付きますが、前歴というものもあり、こちらは逮捕されただけで付きます。前科は間逃れても前歴が残ると今後の生活にどう支障がでるのか、そもそも何が違うのか、この記事で解説しています。
逮捕された場合の対処法
再逮捕の仕組みを解説|再逮捕までの流れと対策
再逮捕(さいたいほ)とは、既に逮捕され勾留状態にある人物を釈放直後、又は勾留中に再び逮捕をすることです。
刑事事件の基礎知識
鑑別所とは?少年院との違い・収容の流れ・送致を回避する方法を解説
鑑別所(かんべつしょ)とは、正式名称は少年鑑別所と呼ばれ、家庭裁判所の少年審判を開くために犯罪を犯した未成年の少年を収容し、少年審判で処分を決めるための材料を集めたり調べたりする施設のことです。
横領・背任事件を起こしたら
背任罪と横領罪|両者の違いと構成要件・時効や罪の重さを解説
背任罪、横領罪、どちらも聞きなれない言葉で、その意味をしっかりと理解できている方は決して多くないことでしょう。今回は背任罪と横領罪の違いや罪の重さなどを紹介していきます。
逮捕された場合の対処法
拘置所で面会をするには|面会・差し入れの手順とルールを解説
「拘置所に入れられた身内と面会したい。」身内が逮捕され、拘置所に入れられてしまうと誰しもが思うことです。例え刑事事件を起こして逮捕されてしまった人でも大切な人には変わりありません。
その他の犯罪を起こしたら
建造物損壊罪とは?器物損壊罪との違いや定義や罰則を詳しく解説
建造物損壊罪(けんぞうぶつそんかいざい)とは、他人の建造物や艦船などを損壊する罪を言います。法定刑は5年以下の懲役のみと、重い罰則が設けられています。
刑事事件の基礎知識
【1分でわかる】出頭と自首のちがいを徹底解説!
出頭に関する知識として、自首との違いや正しい使い方、出頭するメリットデメリットについてご紹介します。
弁護士への依頼・相談
逮捕後すぐに弁護士を呼ぶべき4つの理由・弁護士の種類と呼び方
親族や友人が逮捕されてしまい、どうすれば良いのか考えた末に「弁護士に相談する」という答えが出てきた方も多いでしょう。
刑事処分の種類と内容
釈放とは?保釈・仮釈放との違いと早期釈放を目指すべき3つの理由
釈放は、簡単に言えば「人身の拘束が解かれて自由の身になれること」ですが、刑事事件では保釈や仮釈放など似たような制度があります。この記事では釈放を目指すべき理由と各制度との違いをご紹介いたします。
暴行・傷害事件を起こしたら
児童虐待で逮捕されるケースとは?犯罪になる行為と罪の量刑を解説
児童虐待は社会的な関心が高く逮捕されれば実名報道を受けてしまうリスクがある犯罪です。被害者が子どもであるため逮捕されやすく、刑罰も重くなる傾向があります。どのような行為が児童虐待として処罰されるのか、どのような刑罰を受けるのかを詳しく解説します。
刑事事件の基礎知識
日本の懲役の実態|懲役刑が果たす3つの役割と問題点
懲役(ちょうえき)とは、有罪判決を受けた人物を刑務所に拘禁し、刑務作業を行わせる刑罰です。受刑者を刑事施設に拘禁し、自由を奪う、自由刑の一つです。
その他の犯罪を起こしたら
違法ダウンロードで逮捕が出ていない理由と今後逮捕されないための知識
違法ダウンロード(いほうだうんろーど)とは、インターネット上に違法にアップロードされたコンテンツ(画像や動画等)をダウンロードする行為のことです。この記事では、違法ダウンロードの概要や、逮捕者が出ていない理由等についてお伝えします。
交通違反・事件を起こしたら
ひき逃げの検挙率や逮捕後の流れ|ひき逃げをしてしまった際の対処法
ひき逃げとは、車両を運転中に人身事故を起こして、適切な処置をとらないまま現場から逃走する犯罪です。この記事では、ひき逃げをした際の罪の内容や検挙率、ひき逃げで逮捕された場合の対処法などをお伝えします。
その他の犯罪を起こしたら
脅迫罪とは?成立要件・該当する言葉・刑罰・裁判例を紹介
脅迫罪とは被害者に害悪の告知をする犯罪で、【2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金】の法定刑が定められています。脅迫に聞こえるような脅し文句や言葉であっても、双方の関係性やその他の事情を客観的に見た上で判断されます。
その他の犯罪を起こしたら
客引きで逮捕された場合の罰則と拘留期間|起訴・前科をつけない為には
客引き行為は風営法や各都道府県の迷惑防止条例で禁止されていて、違反して逮捕された場合にどのように対応すれば良いのか、また、起訴・前科を付けないために何ができるのかご紹介します。
刑事事件の基礎知識
刑事事件の有罪率が高い理由と被疑者が無罪主張をする上で気をつけること
有罪率の高さに疑問を持つ方もいると思いますが、刑事事件の有罪率が高い理由について説明していきます。
刑事事件の基礎知識
裁判員制度とは?選ばれ方の仕組み・当日の流れを簡単に解説!
裁判員制度の仕組みや流れ、裁判員の選ばれ方などについてまとめました。
その他の犯罪を起こしたら
美人局で逮捕される際に該当する罪名や逮捕されてしまった場合の対処法
美人局(つつもたせ)とは、夫婦などが共謀して行う犯罪のことです。今回は、美人局が該当する罪に関して説明をした上で、逮捕されるとどうなるのかということをご説明します。
詐欺事件を起こしたら
サクラも詐欺罪で逮捕される|サクラで逮捕された事例や逮捕後の対処法
サクラも詐欺罪で逮捕される場合があることをご存知ですか?サクラでも詐欺の共犯又は従犯と評価される可能性もあり、逮捕の可能性があります。今回はこのようなリスクにどう対応していけば良いのかをお伝えします。
その他の犯罪を起こしたら
商標法違反とは?該当する条件・罰金や懲役・逮捕の事例を紹介
商標法違反(しょうひょうほういはん)とは、他者の商標(商品やサービスを区別するマーク)と同一の商標を使い、商標権者の権利を侵害したり、不当利得を得たりする行為を言います。
交通違反・事件を起こしたら
危険運転致死傷罪に当てはまるケースと逮捕された後の流れ
危険運転致死傷罪(きけんうんてんちししょうざい)とは、飲酒・無免許運転などの危険な運転により相手を死傷させた場合に適用される罪です。
殺人事件を起こしたら
殺人未遂事件で執行猶予判決になる基準と弁護活動のメリット
殺人未遂罪でも刑罰が軽くなれば、執行猶予を受けられる可能性があります。執行猶予を獲得するためには、殺意がないことの証明が最も重要になるでしょう。
殺人事件を起こしたら
殺人未遂における公訴時効の基準と公訴時効が停止する条件
殺人未遂罪による公訴時効は25年ですが、事件について起訴をされると時効が停止します。今回は殺人未遂事件における時効期間と時効停止の基準について解説していきます。
殺人事件を起こしたら
殺人未遂罪の懲役7年以下が相場|量刑を決定する加重減軽の基準とは
殺人未遂罪による量刑の相場は3年~15年が一般的だとされていますが、未遂罪による減免が考慮されるため比較的軽い量刑になる可能性も高くなります。
刑事事件の基礎知識
任意同行とは?強制?拒否するリスクや求められたときの対処法とは
任意同行(にんいどうこう)とは、犯罪容疑のある人物が警察などの捜査期間から任意的に捜査に同行してもらうことです。
詐欺事件を起こしたら
偽証罪は証人が嘘を付く罪|罪の定義と類似の罪
偽証罪(ぎしょうざい)とは、法律のより宣誓した証人が虚偽の陳述を行うことに対する犯罪です。法定刑は、3ヶ月以上10年以下の懲役という重い罰則が設けられている犯罪です。
暴行・傷害事件を起こしたら
暴行罪の時効は何年?暴行罪に関連した罪の時効と罰則
暴行罪の時効は3年となっております。また、暴行を用いた犯罪は他にもいくつかありますので、今回は、暴行に関する罪と時効について解説します。
刑事事件の基礎知識
情状証人の役割とは?選ばれる人や責任・証言時の注意点を解説
情状証人(じょうじょうしょうにん)とは、刑事裁判で被告人の刑の定めるにあたっての事情を述べるために公判廷に出廷する証人を言います。刑事裁判では弁護側と検察側のどちら側に情状証人が付くことがあります。
交通違反・事件を起こしたら
無免許運転で逮捕されたときの罰則|逮捕されるケースと逮捕後の流れ
この記事では無免許運転で逮捕されたときの刑事罰や行政罰などについて解説します。どういったケースで逮捕されるか、逮捕されたどのような流れになるかなどもあわせて紹介しています。
刑事処分の種類と内容
実刑とは?懲役や執行猶予との違い・実刑判決を回避する方法を紹介
実刑(じっけい)とは、執行猶予が付かずに懲役刑や禁錮刑で刑務所に収監されるという判決を受けてしまうことです。実刑判決を受けてしまうと、その後、数カ月・数年間刑務所で過ごさなければならなくなります。
暴行・傷害事件を起こしたら
内乱罪とは?該当する罪名や刑罰・過去の事件をわかりやすく解説
内乱罪(ないらんざい)とは、国家の秩序を転覆させる目的で暴動を起こす重大な罪です。仮に、革命が成功した場合はその行為が正当化され犯罪性は否定される危険犯とされています。
暴行・傷害事件を起こしたら
騒乱罪とは?成立する要件と騒乱罪が成立した事件まとめ
騒乱罪(そうらんざい)とは、大勢で集まって暴行や脅迫行為などを行なうことで公共の平安を侵害する罪を言います。今回は騒乱罪について分かりやすくご説明していきます。
その他の犯罪を起こしたら
逮捕・監禁罪とは?成立要件と罰則と逮捕された後の流れ
逮捕・監禁罪(たいほ・かんきんざい)とは、人を不法に逮捕・監禁する行為を言います。法定刑は3カ月以上7年以下の懲役が設けられています。人の自由を奪う罪として、罰則も重くなっています。
刑事事件の基礎知識
自首が成立する要件と概要|逮捕前の早い解決法
自首(じしゅ)とは、犯罪が起きた事や犯人が分かっていない段階で、犯人自らが捜査機関(おもに警察官)に犯罪事実を申告し、処分を求めることを言います。
その他の犯罪を起こしたら
恐喝罪で逮捕された場合の罪の重さと迅速解決のための方法
恐喝罪(きょうかつざい)とは、暴力や脅迫を用いて金銭や財産などを脅し取ることで成立する犯罪です。法定刑は10年以下の懲役と、懲役刑しか設けられていない罪の重い犯罪です。
その他の犯罪を起こしたら
決闘罪とは?当てはまる行為と罰則・過去の逮捕例を紹介
決闘罪(けっとうざい)とは、正式には「決闘罪に関する件」として、国で定められている決闘や決闘に関与することを禁止した法律です。
その他の犯罪を起こしたら
ストーカー規制法違反にあたる行為とは?ストーカー行為の具体例と罰則や逮捕後の流れ
2000年に『ストーカー規制法』が施行されて以来、ストーカー行為にも刑事罰が科されるようになりました。ストーカー規制法の対象となる行為や罰則、逮捕されてしまった場合の対処法などを詳しく解説いたします。
逮捕された場合の対処法
逮捕とは?3種類の逮捕の特徴・その後の流れと対処法を解説
逮捕とは、捜査機関や私人(一般人)が被疑者の逃亡や証拠隠滅を防ぐために一時的に身柄を強制的に拘束することを言います。逮捕された後の流れはどうなっているのか、身近な人が逮捕されたとき家族が今するべきことは何かについて解説します。
その他の犯罪を起こしたら
公務執行妨害で逮捕されるまでの流れと対処法
今回は公務執行妨害で逮捕されてしまった場合のその後の流れや対処法について解説していきます。
逮捕された場合の対処法
少年事件の弁護士とは?国選・私選の違いと弁護活動
少年事件で弁護士を利用するメリットには早期釈放が目指せること、被害者と示談交渉できることなどがあります。私選で弁護士を依頼する場合には、弁護士費用が発生してしまいます。弁護士費用の支払いが困難な場合には、国選付添制度や少年保護事件付添援助制度を利用しましょう。
性犯罪事件を起こしたら
強姦罪は強制性交等罪に改正|拡充強化された対象行為や罰則を解説
従来の強姦罪は、平成29年の刑法改正によって強制性交等罪に改正されています。対象となる行為が拡大されたうえに、罰則も強化されて原則は執行猶予がつかない犯罪になりました。このコラムでは、強制性交等罪の対象行為や罰則などを解説します。
弁護士への依頼・相談
国選弁護人とは?|利用条件や私選弁護人との違いを解説
国選弁護人とは、刑事事件において被疑者や被告人をサポートしてくれる国が選んだ弁護士のことです。資力要件などはありますが、被疑者が勾留・起訴されるすべての事件で支援を受けられます。万が一の場合に備えて国選弁護制度の基本を理解しておきましょう。
その他の犯罪を起こしたら
死刑のみの外観誘致罪を解説|定義や関連犯罪・過去の事例を紹介
外患誘致罪(がいかんゆうちざい)の法定刑は死刑しかなく、刑法で最も重い罪と言えるでしょう。この記事では、外患誘致罪の定義や、類似する罪との違い、適用例・判例がない理由などをお伝えします。
刑事処分の種類と内容
微罪処分なら即座に釈放|微罪になる犯罪や判決の基準を解説
微罪処分とは、軽い犯罪を起こしてしまい、逮捕されたとしても、その後、警察が微罪と判断し、身元引受人に被疑者を引き取ってもらうことで、刑事手続が終了することです。
殺人事件を起こしたら
殺人罪とは?構成要件や定義・死刑や執行猶予など罪の重さについて解説
殺人罪とは、故意に人の生命を侵害する犯罪で、刑法第199条では「人を殺した者は、死刑又は無期若しくは5年以上の懲役に処する。」と規定されています。
暴行・傷害事件を起こしたら
暴行罪と傷害罪の違いとは?成立要件・罰則・量刑の決まり方などを解説
暴行罪と聞くと、殴る蹴るなどの乱暴なイメージを想像してしまいますが、法律において実にさまざまなケースが暴行罪に当てはまります。この記事では暴行罪に該当する状況などについて紹介します。
詐欺事件を起こしたら
詐欺罪とは?懲役になる?成立要件や刑期・家族が逮捕された場合の対処法
詐欺罪とは、刑法246条に規定された人を欺いて財物を交付させた場合に成立する犯罪で、10年以下の懲役が法定刑で定められています。他人を騙して金品をだまし取ることが詐欺罪に該当する行為です。
横領・背任事件を起こしたら
横領罪で逮捕された場合の刑の重さと弁護活動の方法
横領罪(おうりょうざい)とは、人の信頼を裏切って財産を横取りすることで成立する犯罪です。横領罪で逮捕されてしまった場合の罪の重さと刑事事件の流れ、解決のための弁護方法を解説していきます。
逮捕された場合の対処法
黙秘権とは?使い方や行使のタイミング・弁護士を呼ぶ重要性を解説
黙秘権とは、刑事事件の捜査で行なわれる取り調べの際に自分にとって不利益な供述にならないために、終始沈黙し、陳述を拒むことができる権利です。黙秘権は刑事訴訟法でもしっかりと権利として認められています。
刑事事件の基礎知識
私人逮捕とは?一般人でも逮捕できる要件と4つの事例を解説
本記事では私人逮捕の条件や私人逮捕によるトラブルの対処法を解説します。

361

301 - 350 件を表示

弁護士の方はこちら