キーワードからコラムを探す

新着の刑事事件コラム一覧

361

251 - 300 件を表示

刑事事件の基礎知識
書類送検とは?前科はつく?逮捕との違いとその後の流れを解説
【弁護士監修】書類送検を徹底解説!書類送検とは被疑者を逮捕せず、書類のみ(証拠を含む)を検察官に送る手続きです。この記事では、そもそも送検とはどういう意味合いのものなのか、送検措置を取られた場合の対処法等についてお伝えします。
その他の犯罪を起こしたら
虚偽の申告は軽犯罪法違反!該当する行為とそれに対する罰則とは?
存在しない犯罪や災害(虚偽の事実)を公務員に申告すると軽犯罪法違反(虚構申告)で罪に問われます。その場合は拘留、または、科料を科されるでしょう。この記事では虚構申告をした場合の罰則などをお伝えします。
その他の犯罪を起こしたら
無銭飲食で逮捕された場合の罰則と対処法
無銭飲食は詐欺罪に該当する可能性があります。この記事では、無銭飲食で逮捕されてしまった場合の罰則と対処法を詳しく解説します。
暴行・傷害事件を起こしたら
傷害罪初犯は罰金刑?刑期などの量刑や判例と逮捕の流れについて
傷害罪で逮捕された場合、初犯であれば実刑(懲役刑:15年以下の服役)になることは多くありませんが、50万円程度の罰金刑になる可能性があります。ただ、軽微な傷害であれば不起訴になるケースもあるので、この記事では初犯時の刑罰や示談で解決する方法などを解説します。
詐欺事件を起こしたら
オークション詐欺逮捕その後の流れ|自身が加害者にならないように注意
オークション詐欺で逮捕された場合には詐欺罪が適用され、10年以下の懲役刑を科される可能性があります。この記事では、オークション詐欺になる行為とその刑罰、また、逮捕後の流れなどをお伝えします。
その他の犯罪を起こしたら
サイバー犯罪に該当する罪名まとめ|防御策と対処法
サイバー犯罪とは、主にコンピュータを使ってネットワーク上で行われる犯罪の総称を言います。近年では、犯罪件数や規模が増加しているということで、警察庁でも対策に力を入れています。
その他の犯罪を起こしたら
金の密輸は何罪?逮捕されたときの罰則と対処法
金を密輸すると何の罪に問われるのでしょうか。この記事では、金の密輸をした場合の罰則と逮捕されてからの対処法を解説します。
窃盗(強盗)事件を起こしたら
窃盗罪の初犯で逮捕されたらどうなる?罰則の内容と逮捕後の流れを解説
たとえ初犯であっても、窃盗罪で逮捕されると実刑判決が下されることもあります。不起訴処分や早期釈放を獲得するためにも、今できることを確認しておきましょう。この記事では、窃盗罪の初犯で逮捕された場合の罰則や、逮捕後の流れなどを解説します。
性犯罪事件を起こしたら
強姦罪の定義と罪の重さ|強姦罪の問題点と今後の見通し
強姦罪(ごうかんざい)とは、男性が女性を暴行・脅迫などを用いて姦淫することで成立する犯罪で、英語では“rapeレイプ”と言います。
刑事事件の基礎知識
刑事事件の身元引受人|身元引受人が必要な場合とその役割
刑事事件での身元引受人(みもとひきうけにん)とは、逮捕によって身柄を拘束された被疑者(被告人)の監督を行なう人の事を言います。
その他の犯罪を起こしたら
公文書偽造の罪とは?私文書偽造との違い・罪の重さと事例を解説
公文書偽造(こうぶんしょぎぞう)とは、国や地方公共団体などの機関や公務員が作成する公文書を偽造・変造する犯罪です。【法定刑は1年以上10年以下】と意外と重い罰則が設けられています。
暴行・傷害事件を起こしたら
正当防衛の定義|成立する5つの条件と過剰防衛との違いについて
正当防衛とは、刑法36条1項に「急迫不正の侵害に対して自己または他人の権利を防衛するため、やむを得ずした行為」とあり、犯罪から自分や他人の身を守るために、やむを得ず行った行為を言います。
性犯罪事件を起こしたら
強制性交等罪とは?構成要件と強姦罪から改正されたポイント
強制性交等罪は『強姦罪』が110年ぶりに改正され、2017年7月13日から施行された新しい名称のこと(刑法第177条)。罪の構成要件や非親告罪への変更、より厳罰化されるなどの修正箇所がいくつかありますので、本記事では何がどう変わったのか詳しく解説します。
刑事処分の種類と内容
略式起訴とは?概要と手続きの流れ・メリットなどを徹底解説
略式起訴(りゃくしききそ)とは、通常の起訴手続きを簡略化した、略式手続きで処分を終わらせ起訴方法で、100万円以下の罰金・科料に相当する事件である場合に利用されます。
薬物事件を起こしたら
大麻で逮捕された場合の流れ|逮捕されるケースや刑罰などを解説
大麻取締法違反の法定刑では懲役刑が定められており、逮捕後に起訴されれば実刑判決が下る可能性もあります。この記事では「家族が大麻で逮捕された」「大麻を吸ってしまったので不安」という方に向けて、大麻取締法違反で逮捕されるケースや刑罰、逮捕後の流れなどを解説します。
刑事事件の基礎知識
摘発とは?検挙・告発との違い・実例とその後どうなるかを解説
摘発(てきはつ)とは、簡単に言えば『犯罪の存在を公表すること』です。意味としては犯罪があったことを世間的に発表することなので、犯人が分かっている場合には『検挙』が使用されるのが一般的です。
その他の犯罪を起こしたら
ネットバンク等の不正送金で該当する罪名と刑罰と逮捕後の流れ
利用者が急増してきているネットバンク。便利ですがサイバー犯罪に巻き込まれ、財産を失う可能性もあります。この記事ではネットバンクに関連する犯罪である不正送金についてお伝えします。
詐欺事件を起こしたら
詐欺罪で逮捕されたら懲役?初犯なら執行猶予?逮捕後の流れを解説
本記事では、詐欺が成立する要件や詐欺罪の刑事手続きで知っておきたいことについて解説します。
その他の犯罪を起こしたら
不正アクセス禁止法で逮捕されるケースと逮捕後の流れ
不正アクセス禁止法とは、インターネット通信等における不正なアクセスとその助長行為を規制する法律です。実際に、何がこの違法行為に当たり、どのようなケースで逮捕されるのかを解説していきます。
窃盗(強盗)事件を起こしたら
下着泥棒とは?逮捕時の刑罰や逮捕事例のまとめ
下着泥棒とは、ベランダなどに干してある下着やコインランドリーの乾燥機内にある下着などを盗む行為を言い、刑法上は窃盗罪に該当しますが、収集癖のある変態だけでなくストーカーなども犯人になり得ます。
窃盗(強盗)事件を起こしたら
クレプトマニア(窃盗症)とは?特徴やきっかけ・治療方法を解説
本記事では、クレプトマニアの特徴や治療法、逮捕されたときに弁護士へ依頼するメリットなどを解説します。
その他の犯罪を起こしたら
銃刀法違反で逮捕されるケースとは?規制の内容や罰則を解説
護身目的でもナイフなどを携帯できないことをご存知ですか?この記事では銃刀法違反で逮捕されかねないケースと銃刀法違反の罰則、逮捕されてしまったときにとるべき行動についてご説明します。
刑事事件の基礎知識
指名手配とは?指名手配の基準や情報の探し方・通報窓口などの基礎知識
指名手配とは、一定の事件で逮捕状が発布されている被疑者について全国の警察で協力して捜査を行うためのシステムで、逮捕状が出ているものの被疑者が逃亡するなどして行方不明の場合に行われます。
刑事事件の基礎知識
保釈金の返金はいつ?還付の流れや条件・没収されないための注意点
保釈金は問題なく裁判が進めば返金(還付)されるお金ですが、裁判が終わった後に直接手渡されるわけではなく弁護士の口座などを通してあなたに返金されます。ここではどれくらいの期間がかかるか、還付の流れ、申請方法などについてまとめました。
刑事事件の基礎知識
刑法第39条の概要|責任能力有無の判断基準と第39条が適用される対象
刑法第39条には『刑事責任能力のない人は処罰の対象外とする、または、処罰を軽減する』という記述がされています。刑法第39条とは具体的にどういうものなのかを具体的にわかりやすくお伝えします。
交通違反・事件を起こしたら
スピード違反の罰金・反則金はいくら? 支払わなかった場合の罰則
スピード違反(速度違反)をすると罰金や反則金だけではなく、点数によっては免停や免許取り消し処分を受けます。この記事では、スピード違反の罰金と反則金を解説しています。社用車や他人の車を運転していた場合も説明。点数加算による免許停止の対策も併せて紹介しています。
窃盗(強盗)事件を起こしたら
親族相盗例とは?家族間の窃盗は犯罪?親族の範囲・免除になる罪を紹介
親族相盗例とは親族間における犯罪の特例のことを言います。この記事ではどのような犯罪、どの親族の間で親族相盗例が適用され、親族相盗例で刑事告訴された場合の流れなどを説明します。
その他の犯罪を起こしたら
強要罪の成立要件と逮捕された後の適切な弁護活動
強要罪とは、暴行や脅迫を用いて、相手に義務のないことを行わせる(強要)犯罪です。なかなか馴染みのない罪名かもしれませんが、身近でも起こり得る犯罪で、刑罰は懲役3年以下と懲役刑しかありません。
刑事処分の種類と内容
処分保留とは?処分保留になる経緯とその後の傾向
処分保留とは、刑事手続きが進められていく上で、期間内に十分な証拠が揃わなかった場合、起訴・不起訴の判断を保留して釈放させることです。
性犯罪事件を起こしたら
援助交際で逮捕される可能性は?問われる罪や刑罰・発覚のきっかけを解説
援助交際(えんじょこうさい)とは、女性が性行為などを行なう代わりに金銭を受け取る、言わば買春のことを言います。
盗撮事件を起こしたら
のぞきは何罪?逮捕されるケースや罰金や懲役など罪の重さを解説
のぞきは、痴漢や盗撮のように日常でも度々起きる性的な犯罪です。のぞき行為は物的証拠も残りにくい犯罪ですが、目撃者などにより現行犯逮捕されてしまうことが多いです。
暴行・傷害事件を起こしたら
傷害罪とは?刑法上の定義や罰則・逮捕後の流れ・示談交渉について解説
傷害罪とは、人の身体に傷害を負わせる行為に関する犯罪で、15年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられます。 この記事では、具体的にどのような行為が傷害罪に該当するのか、傷害罪で逮捕されたらどうなるのかなど、くわしく解説しています。
刑事処分の種類と内容
前科一犯とは?就職や生活への影響・消すことができるのか解説
前科一犯とは、過去に犯罪を起こし、前科が1回付いた人の事を指します。“一犯”とは、前科になった回数の事で、2回、3回と増えていけば、二犯、三犯とその数字も増えていきます。
交通違反・事件を起こしたら
スピード違反でも逮捕される|スピード違反の罰則と逮捕後の流れ
スピード違反とは、正式には「速度超過違反(そくどちょうかいはん)」と言い、道路交通法で定められた最高速度を超えた速度を出す違反行為です。
その他の犯罪を起こしたら
賭博で逮捕されるケース|罪の重さと逮捕までと逮捕後の流れ
賭博で逮捕されるケースや、逮捕された場合の罰則(懲役や罰金)、逮捕後の手続きの流れなどについて、この記事ではくわしく解説しています。賭け事やギャンブルが好きな方にとっては、他人事ではないかもしれません。
暴行・傷害事件を起こしたら
喧嘩で逮捕されたら何罪?逮捕されるケースとその後の対処法を紹介
今回は、ケンカにより逮捕、もしくは警察に呼び出されてしまった方のために、ケンカで逮捕されてしまう傾向と、罪の重さ、ケンカで逮捕された後の対処法などを解説しいていきます。
逮捕された場合の対処法
取り調べで作成される供述調書でサイン前に注意すべき3つのポイント
供述調書とは、刑事捜査において、被疑者や参考人の供述を記した供述証拠のことです。
その他の犯罪を起こしたら
不退去罪とは?逮捕される要件と罰則・該当する行為や実例を紹介
不退去罪(ふたいきょざい)とは、住居などから出ていくように要求を受けたにもかかわらず、退去せずにそのまま居座り続けることで罪が成立する犯罪です。
刑事処分の種類と内容
勾留とは?拘束される期間と要件・早期釈放を目指す5つの方法を解説
本記事では、勾留の概要から勾留の流れ、期間、免れるための方法を解説します。
殺人事件を起こしたら
過失致死の定義とは?罪の重さや殺人との違いをわかりやすく解説
過失致死(かしつちし)とは、殺害の意志がない状態(過失)で相手を死亡させてしまうことを言います。
刑事事件の基礎知識
誰でもわかる刑事裁判の簡単ガイド!流れや民事裁判との違いとは?
刑事裁判と言っても、事件内容によって方法が少し異なります。この記事では刑事裁判の種類や流れの他に、民事裁判との違いやよくある質問(裁判員制度について)などについて、わかりやすく説明します。
その他の犯罪を起こしたら
放火罪の刑罰の重さ|失火罪との違いと逮捕後に必要な弁護
放火罪とは、故意に建造物などに火をつける行為に対する刑事罰です。放火は、人の命に関わることもあり、大きな損害を出すため、非常に重い罪となっています。
刑事事件の基礎知識
親告罪とは?該当する犯罪と告訴されたときの対処法
この記事では親告罪と何か、親告罪に該当する罪を解説したあと、告訴されたときの対処法について紹介しています。親告罪を犯してしまって告訴される可能性がある人は参考にしてください。
刑事事件の基礎知識
少年院とはどんなところ?1日の生活と入るまでの流れ・入所基準を解説
少年院(しょうねんいん)とは、家庭裁判所から保護処分として送致された少年を収容するための施設を言います。
交通違反・事件を起こしたら
交通事故で逮捕されるケースとは?該当する罪・罰金・懲役について解説
交通事故で相手を死傷させてしまったり、悪質な違反が原因で事故が起きてしまったりした場合は、刑事事件の加害者として逮捕されてしまうおそれがあります。重い刑罰や不利な条件での示談を回避するためにも、ただちに弁護士への相談を検討しましょう。
刑事処分の種類と内容
拘留と勾留の違い|拘留になる犯罪も併せて解説
拘留(こうりゅう)とは、日本の刑罰の種類の1つで「1日以上30日未満」の間、刑事施設に収監する刑罰です。
性犯罪事件を起こしたら
わいせつとは?定義や犯罪名・量刑・逮捕された場合の対処法を紹介
わいせつとは、俗に言う「みだら・いやらしい」といった意味合いで使われている言葉です。何をもってわいせつとするか定義もはっきりしていませんが、刑法ではわいせつに関する罪もいくつかあります。
その他の犯罪を起こしたら
威力業務妨害とは?クレームで営業妨害すると逮捕や刑罰を受ける?
迷惑電話や執拗なクレームは、威力業務妨害に問われる危険があります。自分では正当な理由があると思っていても、刑罰が科せられる可能性があります。この記事では、威力業務妨害が成立する要件や代表的なケース、逮捕された場合の対処法を解説します。
刑事処分の種類と内容
起訴されると99.9%の確率で有罪|不起訴処分となる3つのポイント
起訴と不起訴の違いは、有罪と無罪ほどの違いと言っても過言ではありません。この記事では不起訴処分になる条件の一例や、不起訴獲得のためにできること、弁護士の必要性について解説します。
刑事事件の基礎知識
逮捕状とは逮捕の許可書|取り下げや有効期限・手続きの流れを解説
逮捕状は、現行犯以外で誰かを逮捕する際に必ず必要になる書類ですが、警察官等が裁判所に請求し、裁判官の審査を経たうえで発布されることになっています。今回は、逮捕状の基本やよくある疑問をご紹介します。

361

251 - 300 件を表示

弁護士の方はこちら