【弁護士直通ダイヤル】弁護士 須藤 泰宏の事務所情報

刑事事件弁護士検索

 > 
 > 
 > 
【弁護士直通ダイヤル】弁護士 須藤 泰宏
Office_info_201908211912_25631
Office_info_201908211912_25631 Office_info_201908211911_25632 Office_info_201908211912_25633
弁護士事務所詳細
【弁護士直通ダイヤル】弁護士 須藤 泰宏
東京都
弁護士 須藤 泰宏

東京都中央区銀座4-10-12銀座サマリヤビル6階

Btn-map
最寄 東京メトロ日比谷線 / 東銀座駅、 都営浅草線 / 東銀座駅
利用規約個人情報保護方針に同意の上、ご連絡ください。

まずは、お気軽にお問い合わせください

0037-60076-9262 【通話料無料】

11時55分現在、営業時間内です。


【弁護士直通ダイヤル】弁護士 須藤 泰宏
11時55分現在、営業時間内です。
電話で問合せする
0037-60076-9262
メールで問合せする
事務所所在地
東京都中央区銀座4-10-12銀座サマリヤビル6階

弁護士直通ダイヤルなので事務所不在時もスムーズな対応!

・「事務所に電話したら弁護士不在と言われた」

・「弁護士がいないのでわかりません」

・「戻り次第折り返しいたしますと言われて、いつ連絡取れるかわからない」

などと言われて困っていませんか?

弁護士須藤は、弁護士直通ダイヤルにて対応いたしますので

事務所に不在でも、いつ連絡が取れるかわからないということはありません。

 

なぜ弁護士直通ダイヤルを利用するべきなのか?

刑事事件では、迅速な対応が欠かせません。

逮捕後は最大23日間、加害者が留置所に拘束されます。拘束が長引くほど、学校や会社を欠席・欠勤することになり、周囲にバレるきっかけになります。

 

さらに、この間に起訴され有罪判決が下されれば、罰金刑や懲役刑などの前科がつくことになります。

 

上記リスクを避けるためにも、弊所では弁護士が直接電話を取り、迅速に対応することを心掛けています。

ご相談を弁護士が直接対応。ご依頼後も弁護士との専用直通携帯でのやり取りとなるため、密な連絡が可能。
 

弁護士費用にご不安をお持ちの方へ

初回相談は無料にて伺いしておりますので、お気軽にご利用ください。
また、「費用がいくらかかるのか不安…」とお悩みの方も、当事務所ではクレジット払いに対応し、支払い方法に関しても柔軟に対応致します。

 

可能な限り、即日面会に向かいます

相談いただいた時間にもよりますが、ご家族が逮捕されている場合は、即日面会に向かいます。

 

刑事事件では緊急対応が可能な場合もありますので、営業時間外でも一度ご連絡ください。万が一繋がらない場合は、Tel番号を添えてメールいただければ、折返しご連絡いたします。

 

ご相談時からすべて責任もって弁護士須藤がサポートさせていただきますので

ご安心ください。

 

弁護士須藤泰宏が選ばれる5つの理由

どの弁護士に依頼するべきか、迷ってはいないでしょうか。ここでは弁護士須藤泰宏が選ばれる理由を5つご紹介します。

 

  1. 痴漢や盗撮などの弁護経験が豊富|示談交渉が得意です
  2. 極力、周囲に内密に解決できるように対応します
  3. スピード対応いたします【弁護士直通ダイヤル】
  4. 相談者様を理解すること・わかりやすく説明することを心掛けています
  5. 弁護士費用について、事前に明確にお示しいたします

 

1. 痴漢盗撮などの弁護経験が豊富|示談交渉が得意です

被害者がいる犯罪では、被害者と示談交渉できるかどうかが重要です。

 

示談交渉が成立することで、不起訴を得られる可能性が高くなるためです。

 

不起訴を得られると…

  • 前科がつかずに済む
  • 身柄拘束がとかれる
  • 事件が終了する

 

性犯罪に限らず、加害者やそのご家族が被害者と示談交渉をするのは難しいでしょう。

ご依頼後は、これまでの経験を活かし、迅速に示談成立を目指します。

◆解決事例◆(クリックで詳細をご覧いただけます)

【痴漢事件】早期釈放を実現し、不起訴処分を得た事例

痴漢容疑で逮捕された男性の奥様よりご相談。男性は会社員であり、長期間の勾留が続けば会社に事情を話さざるを得ない状況でした。

 

その日のうちに、本人が逮捕されている警察署に行き、本人と面会(接見)。

事情を聴き取り、本人の認否(容疑に間違いがないか)、会社での立場、ご家族との協力状況などを把握したうえで、本人に最適の弁護方針を立て、今後の流れや見通しの説明と合わせ本人に弁護方針を説明をしました。

 

本人は痴漢容疑に間違いがないとのことであり、そうなると、被害者との示談成立が何より最重要となるため、すぐさま捜査機関に連絡。

捜査機関に協力してもらい、被害者との示談交渉を開始。まずはお電話でお話しした上で、面会の約束を取り付ける。

その間、本人の奥様とお会いし、事情を説明した上で身元引受書を作成いただくとともに、本人の会社への連絡の仕方などをアドバイス。

示談が成立した場合に備え、検察官に早期釈放を求める意見書を準備し、また、仮に示談が成立したにもかかわらず早期釈放されない場合に備え裁判所への上申書を準備しました。

その後、被害者と面会し、交渉の上示談が成立し、被害届の取下げにも同意いただいたため、その日のうちに検察官に必要書類を提出。

その結果、翌日に無事に本人の釈放が実現し、10日間の勾留期間満了前に釈放されました。

 

その後、本人は家族に再犯しないことを誓い、職場にも復帰され、少しずつ以前の生活をに戻られました。

検察官に不起訴意見書を提出し、しばらくして、本人の不起訴が決定しました。

 盗撮事件】で正式裁判を免れ罰金刑で終了した事例

盗撮容疑で逮捕された男性の奥様より、「夫が盗撮容疑で逮捕されてしまった。本人の認否は分からないが、本人の弁護をお願いできないか」と入電がありました。

 

他県での事件であり、本人が逮捕されている警察署が私の事務所から片道2時間ほどの場所でしたが、大型連休中だったため、すぐに相談できる弁護士がなかなか見つからず、他県の私に相談されたとのことでした。

 

すぐに、本人と接見をするため警察署に向かい、入電から3~4時間後には、本人と接見いたしました。

本人からの事情聴取を行ったところ、容疑については間違いないとのことだったため、今後の流れや見通しと合わせ弁護方針を説明しました。事案の内容等からして、略式での罰金刑にとどまらず、正式起訴の可能性も十分にありうる事案だったため、本人には特に十分に説明をいたしました。

 

なお、遠隔地であることにより対応にタイムラグが生じることを防ぐため、地元の弁護士に協力を要請し、地元の弁護士と共同受任で事件解決に当たることにしました。

 

受任後速やかに奥様からの身元引受書の取付けを行うとともに、担当検事の協力のもと、被害者とコンタクトを取り、示談交渉を開始しました。

また、事件の性質上、再犯の可能性が高い事案であり、本人に真摯な反省と今後二度と繰り返さないという固い決意をしていただく必要があったため、被害者に対する謝罪文はもちろん、奥様やご家族に向けての手紙も書いてもらいました。

また、犯行に使用した撮影器具については、データの処分はもちろん、その機器自体も処分してもらうことにしました。

被害者との示談交渉については、事件の性質上、被害者の精神的ダメージが大きく、示談交渉は困難を極めましたが、粘り強く何度も交渉した結果、最終的に示談が叶いました。

 

これらの結果、本人は処分保留のまま釈放されることとなり、その後、弁護人からの処分に関する意見書の提出を行った結果、略式での罰金刑で終了することができました。

 

2. 極力、周囲に内緒で解決できるように対応します

相談者様の中には、「会社や家族に知られないように解決したい」という方も少なくありません。

 

ご依頼後は、弁護士が警察や被害者と交渉・連絡する際の窓口になり、極力会社やご家族に連絡が行かないように対応いたします。特に会社についてはその後の就業に影響しますので最大限慎重に対応いたします。ただし、ご家族については積極的に協力を求めた方がよい場合が多いのでその旨十分に説明の上で対応方法を協議いたします
(絶対にバレないようにするというのは難しいので、その点はご了承いただければ幸いです。)

 

 

4. 相談者様を理解すること・わかりやすく説明することを心掛けています

弁護士に相談するのは、不安や心配が多いかもしれません。弊所では、相談者様のご要望をまずしっかりとお聞きした上で、難しい言葉は使わず、わかりやすい言葉で説明することを心掛けています。

 

おかげさまで、「今後の流れがわかり、気持ちが落ち着いた」「須藤弁護士に相談してよかった」といった言葉を、相談者様からいただいております。

 

5. 弁護士費用について、事前に明確にお示しいたします

「弁護士費用って高そう」
「費用が不明確で後から追加費用を請求されるのではないか」

などと心配されている方もおられるかもしれません。

 

弊所では、ご依頼前に、必ず弁護士費用を明確にお示しするようにしています。無理に弁護士依頼を勧めることはございませんので、弁護士の必要性を感じていただき、なおかつ費用について十分ご理解いただけた場合のみ、ご依頼いただければと思います。

 

ただ、刑事事件においては、加害者と面会(接見)し、現状を把握しないことには話が始まりません

 

接見だけなら、1万円~対応可能です。接見することで拘束を解くきっかけになったり、捜査時に不利な証言をしないように助言したりできます。

 

逮捕後72時間は、その後の進行に影響する重要な手続きが重なるため,一刻も早く弁護士がサポートする必要があります。家族が逮捕された方は、先に接見だけでもご依頼ください。

 

最後に…

家族が逮捕されたり、警察から取調べを受けたりするのは想像を絶する苦痛が伴うことでしょう。

弊所では、このような相談者様が少しでも早く安心できるような対応体制を整えています。

 

じっくりとお話をお聞きします。ぜひ一度お電話ください。

お気軽にお電話ください。
親身にご回答します。
通話料
無料
0037-60076-9262
メールで問合せする
弁護士事務所情報
事務所名【弁護士直通ダイヤル】弁護士 須藤 泰宏
弁護士 須藤 泰宏
所属団体東京弁護士会
住所 東京都中央区銀座4-10-12銀座サマリヤビル6階
最寄駅東京メトロ日比谷線 / 東銀座駅、 都営浅草線 / 東銀座駅
電話番号0037-60076-9262 【通話料無料】
対応地域 茨城県  栃木県  群馬県  埼玉県  千葉県  東京都  神奈川県 
定休日 無休
営業時間

平日 :8:00〜23:00

土曜 :8:00〜23:00

日曜 :8:00〜23:00

祝祭日:8:00〜23:00

お気軽にお電話ください。
親身にご回答します。
通話料
無料
0037-60076-9262
メールで問合せする
アクセスマップ
Btn-map-large