東京で刑事事件が得意な弁護士一覧

  • 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
北海道
相談内容
器物破損

《東京都》刑事事件の加害者や逮捕された方の弁護・相談が得意な弁護士

東京で刑事事件が得意な法律事務所13件です。

刑事事件弁護士ナビ > 東京都の刑事事件弁護士
利用規約個人情報保護方針に同意の上、各法律事務所にご連絡ください。
13 件の 刑事事件が得意な 弁護士の検索結果一覧 113件を表示
全国54拠点!270名以上の弁護士がスピード対応!英語・中国語も対応可能
【錦糸町駅近く】強制わいせつ・痴漢・盗撮・風俗店トラブル等で警察の取り調べを受けた方・捜査されている方へ|元検事率いる刑事弁護チームが迅速サポート!今後の人生を守るため、すぐにご連絡を【バレずに解決】
  • 性犯罪
  • 痴漢・わいせつ
  • 買春・援助交際
  • 盗撮・のぞき
  • 暴行罪・傷害罪
  • 殺人罪
  • 恐喝罪・脅迫罪
  • 器物破損
  • 窃盗罪・万引き
  • 横領罪・背任罪
  • 詐欺罪
  • 薬物・大麻
  • ひき逃げ・当て逃げ
  • 少年事件
Icon address住所
東京都江東区亀戸一丁目5番7号錦糸町プライムタワー16階
Icon train最寄駅
JR総武線・東京メトロ半蔵門線「錦糸町駅」南口から徒歩9分/JR総武線・東武亀戸線「亀戸駅」北口から11分
Icon area対応地域
東京都
営業時間
9:30〜21:00
9:30〜18:00
現在営業中 お問い合わせはコチラから
全国54拠点!270名以上の弁護士がスピード対応!英語・中国語も対応可能
【立川駅近く】強制わいせつ・痴漢・盗撮・風俗店トラブル等で警察の取り調べを受けた方・捜査されている方へ|元検事率いる刑事弁護チームが迅速サポート!今後の人生を守るため、すぐにご連絡を【バレずに解決】
  • 性犯罪
  • 痴漢・わいせつ
  • 買春・援助交際
  • 盗撮・のぞき
  • 暴行罪・傷害罪
  • 殺人罪
  • 恐喝罪・脅迫罪
  • 器物破損
  • 窃盗罪・万引き
  • 横領罪・背任罪
  • 詐欺罪
  • 薬物・大麻
  • ひき逃げ・当て逃げ
  • 少年事件
Icon address住所
東京都立川市曙町2-37-7コアシティ立川11階
Icon train最寄駅
JR「立川駅」北口より徒歩6分
Icon area対応地域
東京都 神奈川県 埼玉県 千葉県
営業時間
9:30〜21:00
9:30〜18:00
現在営業中 お問い合わせはコチラから
よくある質問
複数の事務所に問い合わせても大丈夫ですか?
回答
大丈夫です。弁護士によって依頼後の対応や解決方針が異なる場合もあります。実際に問い合わせて話を聞いてみて、あなたにあった弁護士を探しましょう。
全国54拠点!270名以上の弁護士がスピード対応!英語・中国語も対応可能
【六本木一丁目駅近】強制わいせつ・痴漢・盗撮・風俗店トラブル等で警察の取り調べを受けた・捜査されている方へ|元検事率いる刑事弁護チームが迅速サポート!今後の人生を守るためすぐにご連絡を【バレずに解決】
  • 性犯罪
  • 痴漢・わいせつ
  • 買春・援助交際
  • 盗撮・のぞき
  • 暴行罪・傷害罪
  • 殺人罪
  • 恐喝罪・脅迫罪
  • 器物破損
  • 窃盗罪・万引き
  • 横領罪・背任罪
  • 詐欺罪
  • 薬物・大麻
  • ひき逃げ・当て逃げ
  • 少年事件
Icon address住所
東京都港区六本木一丁目8番7号 MFPR六本木麻布台ビル11階
Icon train最寄駅
東京メトロ南北線 六本木一丁目駅 徒歩3分
Icon area対応地域
全国
営業時間
9:30〜21:00
9:30〜18:00
現在営業中 お問い合わせはコチラから
全国54拠点!270名以上の弁護士がスピード対応!英語・中国語も対応可能
【新宿駅近く】強制わいせつ・痴漢・盗撮・風俗店トラブル等で警察の取り調べを受けた方・捜査されている方へ|元検事率いる刑事弁護チームが迅速サポート!今後の人生を守るため、すぐにご連絡を【バレずに解決】
  • 性犯罪
  • 痴漢・わいせつ
  • 買春・援助交際
  • 盗撮・のぞき
  • 暴行罪・傷害罪
  • 殺人罪
  • 恐喝罪・脅迫罪
  • 器物破損
  • 窃盗罪・万引き
  • 横領罪・背任罪
  • 詐欺罪
  • 薬物・大麻
  • ひき逃げ・当て逃げ
  • 少年事件
Icon address住所
東京都新宿区西新宿6-6-3 新宿国際ビルディング新館8階
Icon train最寄駅
JR・私鉄「新宿駅」(西口)から徒歩13分 丸の内線「西新宿駅」から徒歩3分 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
Icon area対応地域
東京都
営業時間
9:30〜21:00
9:30〜18:00
現在営業中 お問い合わせはコチラから
よくある質問
弁護士を選ぶコツなどはありますか?
回答
あります。地域・分野で絞り込み検索した上で、気になる事務所のページを確認し「相談したい分野で実績があるか、自分の希望する条件(例:休日相談可)を満たしているか、自分と相性が良さそうか」など、細かく確認することで、あなたにとってより良い弁護士が見つかる可能性が高まります。
東京都 のご相談に対応可能な、他県の弁護士・法律事務所を見る
13 件の 刑事事件が得意な 弁護士の検索結果一覧 113件を表示
東京都の刑事弁護士が回答した解決事例
暴行罪・傷害罪
40代男性
【逮捕翌日に釈放】暴行罪で逮捕されたが翌日に釈放され不起訴となった事例
暴行罪・傷害罪
30代男性
傷害事件を証拠不十分で不起訴処分とした事例
痴漢・わいせつ
20代男性
【早期身柄解放/不起訴】スピード対応で示談成立・被害届の取下げを実現した事例
薬物・大麻
10代男性
【不起訴獲得】大麻の共同所持罪で逮捕・勾留されたが不起訴となった事例
東京都の刑事弁護士が回答した法律相談QA
会社側の方針で示談ができなかった…
相談者(ID:00273)さんからの投稿
万引きで捕まり今は在宅起訴です。弁護士さんが示談のお話しをしたところ、会社の方針で起訴前の示談はできないと言われました。私もわからなきゃ。とは思うんです。会社の方針で示談できない!というのは理解して受け止めなきゃ。と言うのはわかってるのですが、私では何も行動できなく凄く病んでます。それでも何度か本社のほうに連絡をしたり、足を運んで私からの謝罪文だけでもうけとってもらえる活躍は不可能なのでしょうか?色んな弁護士さんならどうしますか?
謝罪文を持参する、または、郵送で届けるという方法を、あなた様の弁護人の先生にお願いしてはいかがでしょうか。
弁護士 横溝 秀明(弁護士法人 東京あすなろ法律事務所所属)からの回答
- 回答日:2021年12月10日
ありがとうございます。
その旨も伝えてみます。他にアドバイスなどありましたら教えてくださいませ
相談者(ID:00273)からの返信
- 返信日:2021年12月10日
現時点では特にアドバイスはありません。
また何かあれば下記までお問い合わせ下さい。
弁護士 横溝 秀明(弁護士法人 東京あすなろ法律事務所所属)からの返信
- 返信日:2021年12月13日
前歴、前科もっていて
数年前に執行猶予つきの懲戒でした。
今回は執行猶予から1ヶ月経った再犯です…いま自分ができることとしては
クラプトマニアのクリニックに週数回通っており買い物はネットや家族と行くなりしております。
妊婦でもあり出産も控えております。
書類送検された時はまず私1人で行くのでしょうか?もしくは弁護士さんと一緒に行くのでしょうか?
相談者(ID:00273)からの返信
- 返信日:2021年12月14日
裁判になると再度の執行猶予をつけてもらうのはハードルが高いです。したがって、裁判にならないように示談交渉などできることをすべてをすることをお勧めします。書類送検後、検事に呼び出された場合、弁護士が同行しても、中に入れてもらうことはほぼ不可能です。検事の呼び出しの前に、示談交渉などを済ませておいた方がいいです。示談交渉される場合、弁護士に依頼いただくと円滑に進めやすいでしょう。ご検討ください。
弁護士 横溝 秀明(弁護士法人 東京あすなろ法律事務所所属)からの返信
- 返信日:2021年12月14日
弁護士の選択肢を教えて
相談者(ID:00273)さんからの投稿
私選弁護士を選ぶ際に
刑事事件に強いのか?
あるいは窃盗事件に強いのか
弁護士を雇う前に電話で予め聞いたほうがいいのでしょうか?
あまり経験のない弁護士で
民事に強い弁護士ですと
例えば窃盗、薬物事件に関して
依頼しても
勝訴するのは低くなるのでしょうか?
窪田総合法律事務所の弁護士の窪田と申します。
ご相談内容にお答えいたします。
あくまで私の考えとなりますが、
事件に強いか弱いかというのは、客観的に判断できる事柄ではないかと思います。
したがって、事前に確認するのであれば、
類似事例を扱ったことがあるか、類似事例ではどのような弁護活動を行ったか、結果はどうであったか、
本件では、どのような弁護活動をしてくれるのか
といった点を確認された方が良いと思います。

また、類似事例の弁護活動に関する部分よりも、
本件においてどのような弁護活動を行うかの部分が、
より重要であると思います。
窪田総合法律事務所からの回答
- 回答日:2022年01月20日
裁判後慰謝料が支払われない
相談者(ID:00147)さんからの投稿
元カレからの暴行での判決後慰謝料が100万との判決後支払われたのが5千円のみすでに何年もたっています。
最後の支払から10年経過しておらず、元カレの所有(保有)している不動産・自動車・バイク・口座、勤務先、解約返戻金がありそうな保険契約等のいずれかがお分かりになる場合は、取り返せる可能性があるかもしれませんので、お電話ください。また、元カレが最近相続人になった(同人の家族が亡くなった)等の事情がある場合も、取り返せる可能性があるかもしれませんので、お電話ください。何も情報がない場合、相手が何も財産を保有していない場合は、残念ながら、現時点での、回収は厳しいかもしれません。
▼有楽町駅直結▼Winslaw法律事務所からの回答
- 回答日:2021年11月01日
万引きの余罪自白はしたほうがいいか
相談者(ID:00014)さんからの投稿
以前万引きで微罪処分になっています。
今回はその処分の前に他の店舗での万引きで取り調べを受けています。
微罪処分後は万引きをしていませんが、余罪が多数あります。そのことを今回自白するべきなのかどうかで悩んでいます。罪が重くなるのが怖いですが、また後日警察に呼ばれたり逮捕となることも怖いです。
余罪について、自白する義務はありません。ご自身の良心の呵責から自白するのは自由です。警察が関知していないのであれば、事件として扱われない可能性があります。この点をよくお考えになられるとよろしいかと思います。

ご自身の個別のケースについて、この段階でアドバイスを求められたいのであれば、私選弁護を依頼(法律事務所に相談契約)されることをオススメします。
ウィンズロー法律事務所|東京・有楽町駅直結・近県対応可からの回答
- 回答日:2021年10月11日
未成年の万引きに対する店の対応に疑問があります
相談者(ID:00032)さんからの投稿
15歳になる娘の万引きについての質問です。3度同じ店で万引きし、防犯カメラで特定されて警察沙汰にはしないからと店側に呼び出されました。その場で、店側に厳しい尋問を受け、また児童虐待とも思える暴言を吐かれて娘はかなりの精神的ダメージを受けて帰宅しました。万引きの事実を認め、娘に非があることは店側に伝えてありましたが、その対応には疑問を覚えます(万引き犯は数多いのですが、娘ともう一人の女子だけが特定された形です)。また、娘と友人が映った写真をポスターにされ「お尋ね者」として複数の人間に見せていたことも判明しています。店側は、さらに何か労働をさせようとしていますが、納得できずにいます。どのような対処をするべきでしょうか。よろしくお願いいたします。
娘様の窃盗について、警察沙汰にしないこととの引き換えに、被害店舗から必要以上の懲罰的対応を受けられているものと拝察します。したがって、この懲罰的対応について是正等を求めると、警察に被害届を出されるなどのデメリットが生じる可能性があると思います。もし、被害店舗の対応に納得できないのであれば、娘様の窃盗事件については然るべく対応してもらってかまわないというスタンスで臨み、いわゆる警察沙汰になった場合は弁護士に付添人(成人でいうところの弁護任)になってもらうのがよろしいかと思います。弁護士に依頼されれば、被害店舗が被害者という立場を利用して好き勝手するのは難しくなるでしょう。なお、娘様の精神的ダメージ等について損害賠償を求められる場合は、上記付添人契約には含まれず、別の民事の契約となることが多いと思います。一般的にはいずれも数十万円単位の費用が掛かることが多いと思いますので、その辺りも踏まえ、お気持ちとのバランスを考慮し、ご検討されればよろしいかと思います。
ウィンズロー法律事務所|東京・有楽町駅直結・近県対応可からの回答
- 回答日:2021年10月11日
ご丁寧なお答え、ありがとうございました。現時点で、当方から被害届けを出す意図はなく、相手側も謝罪そして譲歩しておりますので、このまま事なきを得て収めようと思っております。どうもありがとうございました。
相談者(ID:00032)からの返信
- 返信日:2021年10月11日

東京都の犯罪件数と検挙率

東京都では平成30年、114,492件の犯罪が事件として認知され、37,579件が検挙にいたりました。起こしてしまった事件を警察が認知した場合に、検挙に至る可能性は32.82%になります。

 

過去数年で東京都の犯罪認知件数は、以下のように推移しています。

東京都の事件認知数・検挙数・検挙率の推移
【参考】刑法犯の認知・検挙件数|警視庁

 

東京の人口は増加傾向にありますが、犯罪の認知件数は下がっている傾向です。検挙の件数はほぼ横ばい、もしくは少なくなっていますが、検挙率は向上しています。

 

このことから、「犯罪は減っているが、逮捕といった検挙に至る確率は上がっている」といえるでしょう。つまり犯罪を犯した場合に、逮捕されやすい状況です。

 

ちなみに東京都は人口あたりの警察官の人数がもっとも多いですが、全国的に比べると検挙率は高い方ではありません。

 

警察組織による検挙とは?

検挙といえば、一般的には逮捕をして捜査を進めるイメージがありますが、逮捕されずに検挙される場合もあります。

 

在宅捜査になれば、身体拘束を受けずに日常生活を送りながら捜査を受けることが可能です。証拠隠滅や逃亡の恐れがないと認められれば、必ずしも逮捕されるとは限りません。

 

ちなみに弁護士の働きかけにより、逮捕されたが在宅捜査に切り替えてもらえた事例があります。

逮捕されると、起訴・不起訴の確定までに最長23日間の身体拘束を受ける可能性があるので、長期拘束を避けたい場合には弁護士への相談を検討しましょう。

 

東京都で起こった犯罪の傾向

平成30年の東京都全体の犯罪件数は、平成29年と比べて、10,759件の減となりました。犯罪の内容としては非侵入窃盗と器物損壊等、詐欺や暴行の事件が多い傾向にあります。

 

それぞれの認知数は、以下のとおりです。

 

犯罪名 認知数

非侵入窃盗

74,349件

器物損壊等

10,848件

詐欺

7,950件

暴行

4,668件

【参考】刑法犯の罪種別認知件数|警視庁

 

非侵入窃盗とは、ひったくりやすり、万引きや置き引きといった、侵入窃盗に該当しない窃盗犯罪の総称です。

 

特に万引きは、日常生活の中で誰しもが犯罪者になり得る犯罪であるため、人口が多い東京では特に多くなりやすい犯罪といえます。

 

東京都で犯罪が多い地区

警視庁の調査では、平成30年に東京都内で認知された事件件数の市区町村上位10位は、以下の通りでした。

 

地域 犯罪認知件数

新宿区

6,416件

世田谷区

6,035件

渋谷区

5,432件

江戸川区

5,431件

大田区

5,335件

足立区

5,230件

練馬区

4,535件

豊島区

4,477件

板橋区

4,211件

港区

3,830件

【参考】区市町村の町丁別、罪種別及び手口別認知件数|警視庁

 

都心部では、日中の活動時間に人が多くなるため、犯罪の件数が増える可能性があります。

 

特に新宿区は日中はもちろん、夜間でも活動している人が少なくないため、犯罪件数が増えてしまうことも不自然ではありません。

 

また2番目に犯罪が多い世田谷区は、日中だけではなく夜間に都心部へ通っていた人が帰ってくるため、犯罪に至る可能性が高いのかもしれません。

オンライン面談可能な
事務所を表示