東京スタートアップ法律事務所の事務所情報

刑事事件弁護士検索

 > 
 > 
 > 
東京スタートアップ法律事務所
Office_info_201904231830_21571
Office_info_201904231830_21571 Office_info_201910172006_21572 Office_info_201910172010_21573
弁護士事務所詳細
東京スタートアップ法律事務所
東京都
弁護士 中川浩秀 安田剛 高島宏彰 小林憲司

東京都千代田区麹町6-6-2東急四谷ビル5F

Btn-map
最寄 JR中央・総武線「四ッ谷駅」 徒歩2分
利用規約個人情報保護方針に同意の上、ご連絡ください。

まずは、お気軽にお問い合わせください

0037-60076-2350 【通話料無料】

※00時17分現在は営業時間外となります。
メール問合せのご利用をオススメします。


東京スタートアップ法律事務所
※現在は営業時間外となります。メール問合せのご利用をオススメします。
電話で問合せする
0037-60076-2350
メールで問合せする
事務所所在地
東京都千代田区麹町6-6-2東急四谷ビル5F
  • ご家族が逮捕された方
  • すぐに接見に行ってほしい方
  • 在宅起訴されている方
  • 被害届を出されている方
  • 被害者と示談成立したい方

特にご家族が逮捕されている方・被害届を出されている方については迅速に対応する必要があるため、すぐにご連絡ください。

 

刑事事件専門チームの弁護士が前科をつけない為に、スピード対応!

刑事事件は対応が遅れれば遅れるほど前科が付く可能性が高くなります。ご家族が逮捕された、前科をつけたくない方、当事務所へご相談ください。豊富な実績とフットワークの軽さを武器にスピーディーに対応いたします。初回相談無料ですので、まずはご相談ください。

 

東京スタートアップ法律事務所が選ばれる4つの強み

安心の料金体系

相談料は初回60分0円です。弁護士費用に関してはカード払い対応可能で明確な費用とご利用しやすい金額で設定させて頂いております。弁護士費用に関してはご状況に応じて柔軟に対応いたします。

スピーディーな対応

当事務所では即日対応をモットーに、スピーディな対応を重要視しております。事務所所在地「四ツ谷駅徒歩1分」という利便性を活かして、ご連絡をいただいたあと、状況によってはそのまま警察署へ直行することも可能です。

当日・休日・夜間早朝の即日対応可

当日の急なご相談でも、休日・夜間対応しています。刑事事件は時間との勝負です。ご本人・ご家族が逮捕された方は一刻も早くご相談ください。

豊富な解決実績

過去、300件以上の刑事事件の弁護を経験してきました。裁判員裁判も複数件経験しております。これまでの豊富な実績、粘り強い交渉、フットワークの軽さを武器に、クライアントの権利を守るため、全力で対応いたします。

 

解決までの流れ

1メール・電話で問い合わせ​

まずはメールか電話でお問合せ下さい。


2弁護士に無料相談​

ご来所いただき、状況のヒアリングをさせていただきながら、今後の流れ、適切な解決手段、弁護士費用の説明をいたします。秘密厳守ですので、ご安心下さい。


3ご依頼​

弁護士からの説明にご納得をいただけましたら、ご契約となります。速やかに弁護活動をスタートさせていただきます。

 

料金体系

相談料

0円(60分)

着手金

20万円(税別)~

報酬金

20万円(税別)~

備考

料金はご状況に応じて柔軟に対応いたします。お気軽にご相談ください。

接見のみのご依頼も承っております(1回3万円〜5万円(税別))。

接見費用はその後ご依頼に至った場合はお戻しさせていただいております。

 

東京スタートアップ法律事務所の解決事例

事例1 盗撮事件において被害者の女性と示談が成立し、不起訴を獲得した事例

東京都在住 男性/50代

◆解決結果◆(▼クリックで表示)

粘り示談交渉の結果、不起訴処分を獲得することができました!

ご依頼者様は電車内で女性のスカートの中を盗撮していたところ、被害者に見つかりました。その後、通報され、警察の取調べを受けました。逮捕はされませんでしたが、在宅事件として捜査が進められていました。ご依頼者様はなんとか被害者と示談をしたいということで、当事務所にご依頼頂きました。ご依頼後、担当の検事から被害者の連絡先を教えてもらい被害者の方とコンタクトを取りました。いきなり示談の話をするのではなく、本人が作成した謝罪文を読んでもらい、反省していることを十分に伝えた上で、示談に応じていただくようにお願いしました。最初はそれでも全く応じていただけない様子でしたが、粘り強く交渉した結果、示談をまとめることができました。そこで作成した示談書を持って、検事に不起訴にしていただくよう嘆願を行った結果、不起訴処分を獲得することができました。

 

事例2 強制わいせつ事件において示談成立し、告訴取り下げで不起訴を獲得した事例

神奈川県在住 男性/40代

◆解決結果◆(▼クリックで表示)

迅速な対応の結果、周囲に知られることなく、無事、解決しました!

ご依頼者様は道路上で好みの女性を見つけ、その女性の背後から身体を触るなどして、わいせつな行為をしてしまいました。その後、警察から任意で事情聴取を受けました。いつ逮捕されるか分からないご依頼者は「何とかしてほしい」とすぐに当事務所にご相談に来られました。ご依頼後、関係各所にすぐに連絡し、一刻も早く被害女性との示談交渉を始めました。最初は全く応じていただけない様子でしたが、粘り強く交渉し、なんとか応じていただくことに成功しました。結果、被害者の方に告訴を取り下げてもらい、前科のつかない不起訴処分を獲得しました。また本件ついては周囲に知られることなく、無事、解決しました。

 

事例3 痴漢事件において早期身柄解放及び示談成立による不起訴処分を獲得した事例

千葉県在住 男性/30代

◆解決結果◆(▼クリックで表示)

結果として不起訴処分を獲得することができました!

早朝から事務所宛に電話を頂き、「夫が通勤電車内で痴漢行為をして逮捕されてしまい警察に身柄拘束されている。勤めている会社のこともあるので、早期に身柄を解放して前科などがつかないようにしてほしい」というご相談を受けました。すぐに警察署に足を運び、本人との接見(面会)を申し入れました。その場で本人に対して、権利保護に関する様々なアドバイスを行いました。また、認否(当該犯罪行為を認めるかどうか)や会社との関係、ご家族との関係についても確認し、見通しも含めて最善の手段は何かということをご提案させていただきました。その間に、当事務所にご家族をお呼びして身元引受書を作成いただきました。すぐさま身柄解放の意見書を作成し、いただいた身元引受書を添付して検察官に提出しました。結果、無事に身柄を解放されました。その後、ご依頼者様には普段通りの生活を営んでもらいつつ、当職の方で被害者の方と粘り強く示談活動を行い、無事示談が成立しました。今度は、その示談書及び弁護士としての意見(不起訴相当であるとする内容のもの)も提出し、結果として不起訴処分を獲得することができました。

 

刑事事件のQ&A

Qどのタイミングで弁護士さんに相談すれば良いですか?

◆回答はこちら◆(▼クリックで表示)

A法律相談のタイミングは事件が立件されてからを推奨します。まだ被害届けを出されていなかったり、警察に逮捕されていない場合には、その後対応について判断がつかないこと多いためです。

 

Q被害者と示談したいのですが、どのようにしたら被害者の連絡先を知ることができるでしょうか?

◆回答はこちら◆(▼クリックで表示)

A加害者側が警察や検察に被害者の連絡先など問い合わせても、連絡先を知られたくない、直接会いたくないと思われる被害者が多いため、基本的には教えてくれません。
しかし、弁護士であれば被害者の同意を得て連絡先を教えてくれることが多いので、示談をしたいのであれば弁護士への依頼をご検討下さい。

 

Q逮捕されると、前科がつくのでしょうか?

◆回答はこちら◆(▼クリックで表示)

A逮捕だけでは前科はつきません。また、裁判が行われた場合でも無罪判決が下された場合はつきません。

 

Q警察から連絡があり、「事情を聞きたいので、警察署へ来てください」と言われました。絶対に行かなければいけませんか?

◆回答はこちら◆(▼クリックで表示)

A逮捕状が出ていない場合は、あくまでも任意ですので、取り調べに応じる義務まではありません。ただし、出頭拒否を繰り返していると、後に逮捕をされる可能性もありますので注意が必要です。注意点として任意の取り調べにおいても、詳細な内容を問われたり、書類にサインを迫られたりする可能性もあります。無防備に取り調べに応じることは不利な状況に陥る可能性もありますので、出頭前に一度、弁護士への相談をおすすめします。

 

Q家族から弁護士に依頼することはできますか?

◆回答はこちら◆(▼クリックで表示)

A家族から弁護士を選任することは可能です。刑事訴訟法上、被告人・被疑者の法定代理人(両親等)、保佐人、配偶者、直系の親族(親子)、兄弟姉妹は、弁護士を選任することが認められています。

 

Q逮捕されると、会社や学校にバレますか?

◆回答はこちら◆(▼クリックで表示)

A警察から逮捕の事実について会社や学校に連絡することは基本的にありません。ただ、捜査の必要性がある場合は学校や会社に問い合わせをし、逮捕の事実が伝わってしまうことがあります。

 

弁護士紹介

代表弁護士 中川 浩秀 東京弁護士会所属

これまでの豊富な実績、粘り強い交渉、フットワークの軽さを武器に、クライアントの権利を守るため、全力で対応いたします。

 

 


弁護士 安田 剛 第一東京弁護士会所属

刑事事件は初動の対応が重要です。ご家族が逮捕されたというような知らせを受けた場合には、慌てず当事務所へご連絡ください。

 

 


弁護士 高島 宏彰 第二東京弁護士会所属

迅速な対応でサポートし、「この事務所に頼んで良かった」と思っていただけるよう、最大限努力いたします。

 

 

 


弁護士 小林 憲司 東京弁護士会所属

当事務所では土日祝8時~19時定休日なしで対応しており、どんなタイミングでも出来る限り早くかけつけます。

お気軽にお電話ください。
親身にご回答します。
通話料
無料
0037-60076-2350
メールで問合せする
弁護士事務所情報
事務所名東京スタートアップ法律事務所
弁護士 中川浩秀 安田剛 高島宏彰 小林憲司
所属団体東京弁護士会
住所 東京都千代田区麹町6-6-2東急四谷ビル5F
最寄駅JR中央・総武線「四ッ谷駅」 徒歩2分
電話番号0037-60076-2350 【通話料無料】
対応地域 東京都 
定休日
営業時間

平日 :8:30〜19:00

土曜 :8:30〜18:00

日曜 :8:30〜18:00

祝祭日:8:30〜18:00

お気軽にお電話ください。
親身にご回答します。
通話料
無料
0037-60076-2350
メールで問合せする
アクセスマップ
Btn-map-large