オークション詐欺逮捕その後の流れ|自身が加害者にならないように注意

~いざという時の備えに~刑事事件コラム

 > 
 > 
 > 
オークション詐欺逮捕その後の流れ|自身が加害者にならないように注意
キーワードからコラムを探す
刑事事件コラム
2018.3.27
詐欺罪 弁護士監修記事

オークション詐欺逮捕その後の流れ|自身が加害者にならないように注意

New_club-2492013_960_720

オークション詐欺とは、主にインターネットオークションにおいて『商品の取引契約』が決定した後に起こる、『商品を送ったのに代金が振り込まれない』または『代金を振り込んだのに商品が送られてこない』、『契約と異なった商品が送られてくる』などの事態をさします。

 

ですが、オークション詐欺では「つい間違えてしまった。」や「忘れていた。」といった言い逃れが容易であることもあり、犯罪として扱うことが困難なケースが多いと思われます。

 

オークション詐欺行為に『詐欺罪』が適用される場合、行為者には10年以下の懲役が科される可能性があります。詳しくは『オークション詐欺に関する罪とその行為例』にてお伝えします。

 

また、自分が犯罪をしている意識がなくても、オークション詐欺行為、またはオークション詐欺に近い行為をしてしまっている可能性があります。たとえば、以下の事項などが該当するかもしれません。

 

  • メルカリで購入者と約束した日に発送していない
  • ヤフオクで間違って着払いで送ってしまった(出品者が発送費を払う約束だった場合)
  • 給料日前でお金がないため、商品の支払いが遅れてしまっている

 

もしかしたら、ご自身や家族、知人がオークション詐欺をしてしまったり、関わってしまったりすることがあるかもしれません。では、もし、オークション詐欺に関わってしまった場合にはどうすればよいのでしょうか?

 

この記事では以下の事項などについてお伝えします。

  • オークション詐欺に関する罪とその行為例
  • オークション詐欺犯人への対策・動き
  • オークション詐欺を行ってしまった場合にするべきこと

 

オークション詐欺に該当する罪とその行為例

オークション詐欺に該当する罪と刑罰、そしてどのような行為がオークション詐欺に該当するのかをお伝えします。

 

オークション詐欺に該当する罪とその刑罰

オークション詐欺行為は詐欺罪に該当する可能性があります。料金を受け取っても商品を受け取らなかったり、商品をもらっても料金を支払わなかったりする場合などは詐欺行為(人を欺いて金銭や商品、不動産などの財物を交付させる行為)として被害届を出されてしまう可能性があります。

 

詐欺罪で起訴され、有罪判決を受けた場合には、10年以下の懲役刑になります。

 

(詐欺)

第二四六条 人を欺いて財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処する。

(刑法第246条)

 

オークション詐欺に該当する行為例

売り手側が加害者となるケース

  • 商品代金が振り込まれたが、商品を送らない
  • 本物のブランド品を送ると言っておきながら、偽ブランド品を送付する

 

買い手側が加害者となるケース

  • 商品が送られてきたにも関わらず、商品代金を振り込まない
  • 送金していないにも関わらず「金曜日に振り込んだから送品してくれ」とウソをついて商品の送付を要求する

 

 

オークション詐欺で逮捕された後の流れ

オークション詐欺で逮捕された後は、他の刑事事件で逮捕されたときと同様の流れをたどります。

 

逮捕されるとまずは警察から取調べを受けます。警察は逮捕から48時間以内に事件を検察庁に送致します。事件送致を受けた検察は24時間以内に被疑者を勾留(※)するべきか否かを判断します。

 

※勾留とは

検察の目が届く『留置場』や『拘置所』などで身柄を拘束しておく処分

起訴・不起訴処分決定前において釈放してしまうと、逃亡したり、証拠隠滅したりする可能性があるために取られる。

 

被疑者が勾留される場合当初は10日間拘束されますが、検察官が必要だと判断し、裁判所がこれを認めた場合そこから更に最大10日間勾留期間は延長されます。

 

逮捕後の流れについての詳細や逮捕後にしておくべきことについて知りたい方は以下の記事よりご覧ください。

 

【関連記事】

逮捕後の流れと手を打つべき5つのポイント

刑事事件の流れ|重要な48時間・72時間・23日以内の対応

 

 

オークション詐欺犯行後には『自首をすること』も検討すべき

万が一、オークション詐欺を行ってしまい、自分の過ちについて反省している場合は『弁護士に相談し、自首すること』を検討してもよいかもしれません。

 

自主の法的効果

刑法第42条は以下のとおり、自主した場合に刑を減軽する旨定めています。

 

(自首等)

第四二条 罪を犯した者が捜査機関に発覚する前に自首したときは、その刑を減軽することができる。

(刑法第42条)

 

処分が軽減される理由は刑罰の目的(=犯罪者の更生)にあります。自首した人は反省をしていると判断できるので、刑罰の必要性が薄くなるということから、上記規定が置かれたのかもしれません。

 

なお、自首した結果、逮捕されてそのまま身柄を拘束されてしまう可能性もあります。そうなった場合、外部との接触が突然絶たれます。そのため、自首前に弁護士に相談して、逮捕後のサポートを依頼しておくのも対応としてはあり得ると思われます。

 

 

まとめ

メルカリやフリルなどのアプリを利用する人が増えたことにより、売買トラブルの件数も増えてきました。もし、ご自身が加害者になってしまった際には、きちんと反省し、弁護士に相談するようにしましょう。

この記事を監修した弁護士事務所

Thum_umezawa
プラム綜合法律事務所
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

弁護士への相談で刑事事件の早期解決が望めます


刑事事件に関する専門知識もつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

・罪に問われた身内を助けたい
・窃盗罪や傷害罪で捕まってしまった
・痴漢冤罪などの冤罪から逃れたい

など、刑事事件でお困りの事を、【刑事事件を得意とする弁護士】に相談することで、刑事事件の早期解決となる可能性が高まります。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。あなたの相談に、必ず役立つことをお約束します。

編集部

本記事は厳選 刑事事件弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※厳選 刑事事件弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

詐欺罪に関する新着コラム

詐欺罪に関する人気のコラム


詐欺罪コラム一覧へ戻る