> 
 > 
 > 
詐欺罪の初犯の量刑相場は?不起訴?それとも実刑?裁判事例まで紹介
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit

詐欺罪の初犯の量刑相場は?不起訴?それとも実刑?裁判事例まで紹介

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事
Img_1545224353

詐欺罪の初犯では、どのくらいの量刑になるのでしょうか。初犯であれば執行猶予がつくのでしょうか。

 

詐欺罪の法定刑は重く、10年以下の懲役ですが、「初犯だから」「未成年者だから」などと軽視するのは危険です

 

この記事では、次の5点について解説します。

 

  1. 詐欺罪の量刑相場とその基準
  2. 詐欺罪の初犯で想定されるリスク
  3. 詐欺罪の初犯で弁護士に依頼した方がよいケース
  4. 不起訴処分や執行猶予を獲得するためのポイント
  5. 詐欺罪初犯の裁判事例

 

記事で解説する、今後起き得るリスクを知っておくことで、回避するために対策を講じることができるでしょう。参考にしてみてください。

 

逮捕から72時間以内の対応が今後の運命を左右します

詐欺で逮捕されると、次のようなリスクが想定されます。

 

  1. 最長23日間、身柄拘束される
  2. 退学・解雇などの恐れがある
  3. 懲役・前科となる可能性がある

 

弁護士に依頼すると…

  • 早期釈放を目指し捜査機関と交渉してくれる
  • 不起訴を目指し、被害者との示談交渉をしてくれる

 

刑事事件では、逮捕後72時間以内の対応が重要です。

お住いの地域から詐欺事件の解決実績がある弁護士を探し、まずはご相談ください。

東京
大阪
愛知
神奈川県
その他
現在営業中
Cta_detail_chevron
Office_info_201904231830_23341
東京
千代田区
東京スタートアップ法律事務所

【平日夜間22時まで受付】【即日対応可能】【JR中央・総武線「四ッ谷駅」 徒歩2分】ご家族が逮捕された、前科をつけたくない方、当事務所へご相談ください。刑事事件に幅広く対応しております。
地図を見る
地図を閉じる
逮捕・捜査中の方は今すぐ弁護士に連絡を!
通話料
無料
Cta_detail_call_icon
0066-97356-5724
Cta_detail_mail_icon メールで問い合わせ
【 東京都】他の弁護士事務所を見る

詐欺罪初犯の量刑相場とその基準

ここでは、詐欺罪の初犯の量刑相場から、処分の決定基準、余罪がある場合の量刑、執行猶予などについて解説します。

 

詐欺罪初犯の量刑相場は?

詐欺罪の初犯における量刑は、被害額など個別の事情に左右されるため、相場を明言することはできません。

 

一ついえることは、罰金刑が科されることはないということです。詐欺罪の法定刑は10年以下の懲役刑のみです。

 

仮に起訴されて執行猶予がつかなかった場合、法定刑の範囲内で実刑(刑務所にいく刑罰)が科されます。

 

2017年の犯罪白書の統計では、2016年の詐欺罪の起訴率は56.2%です。

 

【参考】法務省 平成29年版 犯罪白書 被疑事件の処理

 

第一審(起訴された場合の最初の裁判)での詐欺罪の科刑状況は、懲役2年以上という場合が多くなっています。

 

もっともこれは、初犯以外も含まれており、事情によって異なりますので、参考程度にお考えください。

 

【参考】

法務省 平成29年版 犯罪白書 被疑事件の処理科刑状況

 

詐欺罪の刑事処分が決まる基準は?

詐欺罪の刑事処分は、次のような事情を考慮して判断されます。

 

  • 詐欺行為の悪質性・手口・組織的な犯罪か否か・組織の中での役割
  • 詐欺行為の結果・被害額の大小
  • 被害者との示談の成否・被害額の弁済
  • 犯行動機・利得の程度
  • 反省の程度・監督者の有無
  • 前科前歴・犯行回数

 

逮捕は初めてでも余罪がある場合は?

余罪についても起訴(追起訴)され、同一の裁判でこれを審理することとなった場合、裁判が若干長期化することが考えられます。

 

また、余罪についても起訴された場合、本罪と余罪は併合罪となり、法定刑の上限が5割増しとなり、量刑判断の幅が広がります。

 

つまり、複数の詐欺で起訴されれば、懲役の上限が10年から15年になり、15年以下で相当とされる量刑が言い渡されるということです。

 

【関連記事】

併合罪とは|観念的競合・牽連犯との違いや量刑の計算方法などを解説

 

詐欺罪の初犯で執行猶予はつく?処分は軽い?

初犯であることは、被告人に有利な事情として斟酌(しんしゃく)されます。しかし、初犯だからといって必ず執行猶予がついたり、処分が軽くなったりするという保証はありません

 

例えば、初犯であっても犯罪行為が組織的な詐欺(オレオレ詐欺など)であって悪質であったり、被害額が大きく被害弁償もされていなかったりする場合には、執行猶予がつかずにそのまま実刑となることも考えられます

 

反面、犯行態様が悪質とまではいえず、かつ被害額が少なく、被害者との示談も成立しているようなケースであれば、起訴されても執行猶予がつく可能性が高いといえます。

 

執行猶予がつくとどうなる?

執行猶予は、言い渡された判決が3年以下の懲役(もしくは禁錮など)である場合、1年以上5年以下を執行猶予期間として付されます。

 

言い渡された期間内に再び犯罪に手を染めなければ、刑の執行が免除され、刑務所に収監されることはなくなります(もちろん、有罪判決を受けたという記録(前科)は残ります)。

 

例えば、判決が懲役2年でも、執行猶予が3年だった場合、判決の確定から3年間再犯に及ばなければ刑の執行は免除され、刑務所に収監されることはありません。

 

他方、猶予期間に再び犯罪を行って起訴され、有罪となれば執行猶予は取り消され、再犯分の刑罰と前の犯罪分の刑罰が加算されて執行されることになります。

 

 

起訴

不起訴

行為の程度

悪質性が高い

悪質性が低い

刑事裁判

裁判が行われる

裁判が行われない

処分

実刑

執行猶予

不起訴

法定刑の範囲内で量刑が決定

裁判後ただちに刑務所に収監

執行猶予期間は刑の執行が猶予される

前科

前科がつく

前科がつく

前科がつかない

 

【関連記事】

執行猶予の仕組みを分かりやすく解説|執行猶予獲得する方法

 

詐欺罪の初犯でも想定されるリスク

ここでは、詐欺罪の初犯でも起き得るリスクなどについて解説します。

 

詐欺罪はあらゆるリスクが想定される犯罪

詐欺罪は初犯でも実刑が下される可能性のある、重い犯罪です。

 

重い処分以外にも、逮捕から起訴までの13~23日間にわたって身柄拘束を受けたり、組織的な詐欺に関与している場合は接見禁止処分(弁護士以外との接見が制限される)が下されたりと、被疑者にとって不利な状況になりやすい犯罪といえます。

 

刑事手続きに手慣れた捜査官を相手に、被疑者だけで対峙するのは得策ではありません。巧妙な誘導で不利な供述をしてしまえば、裁判でも重要な証拠として採用されることになります。

 

未成年者の場合は特に、あらゆる面で不利益が生じやすいといえますので、後述します。

関連記事

刑事事件の流れ|重要な48時間・72時間・23日以内の対応

勾留とは|勾留される要件と早期に身柄を釈放してもらうための対処法

接見禁止の理由と、接見禁止でも面会をするための方法

 

未成年者は特に不利になりやすい

刑事手続きでは、初犯であっても、未成年者だから不利になる、ということがあります。成人であっても、厳しい取調べや長期の勾留に心折れて、自白してしまうこともあるでしょう。

 

未成年者は成人以上に、捜査機関の誘導に応じて、事実と異なる供述をしてしまう、実際は冤罪であっても認めてしまうなど、不利なケースになりやすいことが考えられます。

 

未成年の場合は、成人とは異なる事件処理が行われますが、それでも振り込め詐欺で受け子として詐欺グループに関与していた場合などでは、家庭裁判所の判断で少年院送致が相当と判断されることも少なくありません

 

また、家庭裁判所が少年としてではなく、成人として刑事責任を問うべきだと判断した場合、家庭裁判所から検察官に再送致され、その後、成人と同様の刑事手続に服することになります。

 

逮捕されてしまった際は、すぐに弁護士に依頼して、弁護活動を行ってもらうことをおすすめします。

 

 

【関連記事】

少年事件での事件後の流れと解決へ向けた5つの弁護方法

受け子で逮捕されたら初犯でも実刑?|対処法・重い罰則・逮捕事例

 

詐欺罪の初犯で弁護士に依頼した方がよいケース

もし、ご自身やご家族の状況や希望が次に当てはまるようであれば、弁護士に依頼することをおすすめします。

 

被害者と示談をしたいが連絡先がわからない

被害者が示談に嫌悪感を示しており、拒否されてしまう

詐欺の被害額が大きく、被害者の処罰感情が強い

余罪が多数あり、示談を成立させるのが困難になると予想できる

長期の身柄拘束などで学校や仕事に影響が出ないようにしたい

前科をつけたくない・少年院送致を回避したい

『刑事事件ナビ』なら数ある弁護士の中から、刑事事件を担当した実績を持つ弁護士を掲載しています。無料相談を受け付けている弁護士事務所も見つけることができます。

 

相談したからといって、依頼が義務となることはありませんので、安心してご活用ください。今後どうすべきか、弁護士への依頼が必要かどうかといった点も含め相談してみてもよいでしょう

 

【関連記事】

刑事事件の弁護士費用相場|良い弁護士に出会う3つの方法

刑事事件を得意とする弁護士の選び方と良い弁護士の特徴

 

詐欺罪の初犯で不起訴や執行猶予を得るポイント

詐欺罪の初犯で、少しでも不起訴処分や執行猶予を獲得する確率を高めるために重要なのが被害者との示談成立です。

 

ここでは、示談成立の効果、詐欺罪の示談金の相場、示談の方法、示談しない場合、弁護士に依頼した方がよいケースについて解説します。

 

不起訴・執行猶予は被害者との示談が重要

被害者に謝罪と賠償を尽くして示談が成立した結果は、刑事処分にも有利に働くため、非常に重要です

 

示談の成立で不起訴の獲得につながったり、起訴されても執行猶予がついたりする可能性が高まります。

 

示談の成立が、当事者同士で紛争の解決が図られたものと評価されるためです。

 

【関連記事】

刑事事件加害者の示談|示談をする3つのメリットと注意点

 

詐欺罪の示談金の相場

詐欺罪の示談金の相場は、被害額が100万円以下など少額であるような場合、被害額+10~50万円ほどと思われます。

 

示談金は基本的に被害額に比例しますが、被害者の数や、処罰感情、交渉の内容といった個別の事情によっても変わってきます。

 

しかし、初犯かどうかは示談金と一切関係ありません。詐欺罪の示談をする方法や流れに関しては、関連記事もあわせてご覧ください。

 

【関連記事】

詐欺罪の示談とは?示談金の相場から流れ・方法・疑問まで解説

 

示談が成立しない場合どうなるのか

示談が成立しないことを理由に悪質だと評価され、刑事処分が重くなるということはありません。しかし、示談が成立したケースのような減刑効果も得られません。

 

 

【関連記事】

刑事事件の示談を弁護士に依頼するメリット|選び方や費用相場も解説

 

【示談の疑問はこちらで解決】

刑事事件の加害者向け|示談でよくある12の疑問

 

詐欺罪初犯の裁判事例

ここでは、詐欺罪初犯の裁判事例をご紹介します。

 

被害者と示談が成立・執行猶予がついた事例

ネットオークションで偽の商品を販売した被告人に、懲役2年6ヶ月、執行猶予3年の判決が下されました。

 

被告人は、ネットオークションで、芸能人がサインしたかのように装った『芸能人の直筆サイン入り下着』を販売。複数回詐欺行為を働き、被害額は約11万円にのぼりました。

 

小遣いを増やすためという安易な犯行動機や常習性、被害額が少なくないことなどから、被告人の犯行は悪質で、刑事責任を軽視することはできないとしながらも、以下の点を考慮して、上記判決となりました。

 

  • 被害者3名と宥恕(ゆうじょ。許す意)文言付き示談が成立している
  • 親が指導監督を誓っている
  • 反省を深めた被告人が前科前歴もなく将来性のある大学生である
  • 100万円の贖罪寄付をしたこと

 

裁判年月日 平成28年 4月 6日 裁判所名 前橋地裁 裁判区分 判決

事件番号 平27(わ)630号 ・ 平27(わ)663号

事件名 詐欺被告事件

裁判結果 有罪 

参考:文献番号 2016WLJPCA04066002

 

被害額が高額の詐欺事件で実刑となった事例

郵便局局長の地位にあった被告人が被害者4名から合計4,990万円をだまし取った詐欺事件では、被告人に懲役5年の判決が言い渡されました。

 

被告人は、信用が厚い郵便局長の地位を悪用し、多額の貯金を有していた利用者に目をつけて半年にわたり犯行を行いました。

 

常習性や、被害額が多額であること、被害者の処罰感情が強いことなどから、被告人の刑事責任は相当重いとしながらも、以下の点を考慮して、上記判決となりました。

 

  • 被告人が被害額の半分に当たる額を弁済済みである
  • 反省を示している
  • 家族が弁済や更正への協力を約束している
  • 前科前歴がない

 

裁判年月日 平成29年 6月 7日 裁判所名 長野地裁 裁判区分 判決

事件番号 平28(わ)193号 ・ 平28(わ)216号 ・ 平29(わ)15号

事件名 詐欺被告事件

参考:文献番号 2017WLJPCA06076002

 

示談が一部成立したが懲役刑となった事例

架空の協会職員になりすまして、名義貸しに関するトラブルの発生を装い、解決金として現金1,200万円を騙し取った被告人3名に対し、それぞれ懲役4年6ヶ月、懲役3年6ヶ月、懲役3年4ヶ月の判決が下されました。

 

被告人3名は、報酬目当てに詐欺グループに加わり、『かけ子』として高齢者を狙い、職業的に犯行に及びました。

 

被告人3名は犯行グループとのつながりも深く、刑事責任は重いもので、実刑は免れないとしながらも、以下の点を考慮して、上記判決となりました。

 

  • 一部の弁済を行い被害者2名とは示談して宥恕を得ていること
  • 反省していること
  • 被告人らに前科前歴がないこと など

 

詐欺グループで共謀して詐欺行為を働いた場合、このように初犯であっても実刑判決が下されることは珍しくありません。

 

裁判年月日 平成30年 1月15日 裁判所名 名古屋地裁 裁判区分 判決

事件番号 平29(わ)772号 ・ 平29(わ)1703号

事件名 詐欺被告事件

参考:文献番号 2018WLJPCA01156003

 

まとめ

詐欺で逮捕された場合のリスクは重い処分だけではありません。長期の勾留や、組織的な詐欺への関与による、接見禁止処分の可能性もあります

 

未成年者であればなおさら、不利な状況に陥ることは想像に難くありません。まずは、弁護士に相談することをおすすめします。

 

詐欺や少年事件、弁護士費用や弁護士の選び方に関しては、それぞれ関連記事もあわせてご覧ください。

 

詐欺罪の関連記事

詐欺罪で逮捕|初犯で執行猶予?懲役や逮捕後の流れ、逮捕事例など

詐欺で逮捕された際に相談できる弁護士一覧|選び方や費用を解説

【加害者向け】詐欺事件の弁護士費用の相場は?費用を抑えるコツも解説

詐欺罪の示談とは?示談金の相場から流れ・方法・疑問まで解説

振り込め詐欺などの関連記事

オレオレ詐欺で逮捕された場合の罰則や逮捕後の流れを解説

受け子で逮捕されたら初犯でも実刑?|対処法・重い罰則・逮捕事例

架空請求詐欺で逮捕された後の流れや手口・罰則に関する知識を解説

オークション詐欺逮捕その後の流れ|自身が加害者にならないように注意

サクラも詐欺罪で逮捕される|サクラで逮捕された事例や逮捕後の対処法

結婚詐欺とは?手口や見分け方・被害に遭いやすい人の特徴を紹介!

寸借詐欺で逮捕された場合の罰則と逮捕後の流れ

示談・弁護士の関連記事

刑事事件の示談を弁護士に依頼するメリット|選び方や費用相場も解説

刑事事件加害者の示談交渉、弁護士費用の相場は?費用を抑える方法は?

刑事事件の加害者向け|示談でよくある12の疑問

刑事事件の無料相談ができる弁護士一覧と相談時のポイント

刑事事件で弁護士に相談すべき人と相談するメリット

刑事事件の弁護士費用相場|良い弁護士に出会う3つの方法

刑事事件を得意とする弁護士の選び方と良い弁護士の特徴

刑事事件に強い弁護士とは?よい弁護士を見抜くためのポイントと心構え

刑事事件・少年事件の関連記事

刑事事件の流れ|重要な48時間・72時間・23日以内の対応

少年事件での事件後の流れと解決へ向けた5つの弁護方法

未成年が逮捕された後の手続きの流れと家族に出来る対処法

勾留とは|勾留される要件と早期に身柄を釈放してもらうための対処法

接見禁止の理由と、接見禁止でも面会をするための方法

家にいながら起訴される在宅起訴と状況による事件の解決方法

起訴されると99.9%の確率で有罪|不起訴処分となる3つのポイント

略式起訴とは|概要と手続きの流れ・メリットなどを徹底解説

刑事事件加害者の示談|示談をする3つのメリットと注意点

保釈の条件と申請から保釈金を納めて解放されるまでの流れ

執行猶予の仕組みを分かりやすく解説|執行猶予獲得する方法

刑事裁判の全て|知っておくべき基礎知識

 

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

弁護士への相談で刑事事件の早期解決が望めます


刑事事件に関する専門知識をもつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

・罪に問われた身内を助けたい
・窃盗罪や傷害罪で捕まってしまった
・痴漢冤罪などの冤罪から逃れたい

など、刑事事件でお困りの事を、【刑事事件を得意とする弁護士】に相談することで、刑事事件の早期解決となる可能性が高まります。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。あなたの相談に、必ず役立つことをお約束します。

Prevent_banner
編集部

本記事は刑事事件弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※刑事事件弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

詐欺事件を起こしたらに関する新着コラム

詐欺事件を起こしたらに関する人気のコラム


詐欺事件を起こしたらコラム一覧へ戻る