> 
 > 
 > 
サイコパスとは|精神病質の特徴7つと診断テストを紹介
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit
Sidebar_line
2018.5.25

サイコパスとは|精神病質の特徴7つと診断テストを紹介

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事
Psycopath

サイコパスとは、反社会的人格の一種。犯罪心理学者のロバート・D・ヘアはサイコパスについて、以下のように定義しています。

 

《定義》

  • 良心が欠落している
  • 他者への共感力が低い
  • 嘘をつくことに抵抗がない
  • 責任感がない
  • 罪悪を感じない
  • プライドが高い
  • 雄弁で社交的である

参考:Wikipedia、引用文献:ロバート・D・ヘア(2000). 診断名サイコパス 早川書房

 

テレビアニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」の放送がきっかけで用語自体の認知度は上がったように思われます。

 

本記事ではサイコパスについて説明するために、サイコパスの特徴、実際にサイコパスの人が起こした事件についてご紹介します。

 

 

サイコパス診断テスト

日本医事新報社の公式サイトに掲載されている、サイコパスの診断テストのチェックリストは以下のとおりになっています。

 

《サイコパス診断チェックリスト》

対人/情動面

衝動的/反社会的行動面

どちらにも含まれない項目

  • 口達者/表面的な魅力
  • 誇大的な自己価値観
  • 病的な虚言
  • 偽り騙す傾向/操作的
  • 良心の呵責・罪悪感の欠如
  • 浅薄な感情
  • 冷淡・共感性の欠如
  • 自分の感情に対して責任がとれない
  • 刺激を求める/退屈しやすい
  • 寄生的生活様式
  • 行動のコントロールができない
  • 幼少期の問題行動
  • 現実的・長期的な目標の欠如
  • 衝動的
  • 無責任
  • 少年非行
  • 仮釈放の取消
  • 放逸な性行動
  • 数多くの婚姻関係
  • 多種多様な犯罪歴
  • それぞれの項目は、0~2点で評定、総計で0~40点に分布する
  • 成人で30点を超えるとサイコパスとされ、20点未満ではサイコパスから除外される
  • 子供のサイコパス傾向についての基準はあまり確立していないが、27点がカットオフ値
  • 正確な評点にはトレーニングを受けて資格を取る必要がある

引用:「精神病質者(サイコパス)とは|日本医事新報社

 

各チェックリストの項目はサイコパスの特徴であり、30点を超える人は、サイコパスの可能性があるかもしれません。

 

サイコパスの7つの特徴

続いてサイコパスの特徴をご紹介します。

 

社会的地位の高い職業に就いている

サイコパスは、人を操作することを好み、支配欲が強い傾向にあります。そのためCEOや政治家、弁護士や外科医など、社会的地位が高く、組織を引率するポジションの人にもサイコパスがいる可能性があります。

 

自慢話が多い

サイコパスは、自己愛が強くプライドが高いので、サイコパスにはよく自慢話をする人が多いことが予想できます。

 

自分の間違いを認めない

プライドが高い方は、自身の過ちを認めない傾向にあります。ですのでサイコパスも自身の犯した過ちを認めない傾向が強いかもしれません。また、サイコパスは平然と嘘をつくともいわれています。間違いを指摘されても、自身を正当化するために事実を捻じ曲げてくることも予想できます。

 

恋人や家族に寄生する

サイコパスは人に寄生して生きる性質があるようです。そのため、サイコパスの中には恋人や家族、または友人に貢がせているという場合もあるかもしれません。

 

婚姻期間が短く離婚回数が多い

サイコパスは責任感がなく、退屈しやすい傾向があるといわれています。そのため、サイコパスは同じ人を愛し続けることが難しいのかもしれません。そのため、サイコパスは結婚しても婚姻期間は短く、離婚回数が多いということもあるかもしれません。

 

幼少期は問題行為が多かった

サイコパスの多くは、衝動的で、自身の行動をコントロールできないとも言われています。大人と比べて子供は、善悪の見境をつけるのが難しく責任能力を問われないため、サイコパスの幼少期は問題行為が多い傾向にあるかもしれません。

 

犯罪者のうちの割合が比較的高い

犯罪者にはサイコパスの割合が高いという説もあります。

 

  • 連続殺人犯
  • レイプ犯
  • 泥棒
  • 詐欺師
  • ハッカー
  • 麻薬王
  • 暴力団構成員

などの犯罪者にはサイコパスが多いという話もあるようです。

参考:Wikipedia、引用文献:ロバート・D・ヘア(2000). 診断名サイコパス 早川書房

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。サイコパスの特徴についてまとめましたが、サイコパスはあくまで反社会的人格の一種であり『サイコパス=犯罪者』というわけではありません。社会的イメージから犯罪者ばかりが目立ちますが、社会的信頼の高いサイコパスも多数います。

 

人は誰でも、優しい一面があればそうでない一面もあるので、もしあなたの身近にサイコパスの特徴に当てはまる人がいても、人格を決めつけないようにしましょう。

 

サイコパスを理解する上で、本記事を参考にしていただけたら幸いです。

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

弁護士への相談で刑事事件の早期解決が望めます


刑事事件に関する専門知識もつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

・罪に問われた身内を助けたい
・窃盗罪や傷害罪で捕まってしまった
・痴漢冤罪などの冤罪から逃れたい

など、刑事事件でお困りの事を、【刑事事件を得意とする弁護士】に相談することで、刑事事件の早期解決となる可能性が高まります。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。あなたの相談に、必ず役立つことをお約束します。

Prevent_banner
編集部

本記事は刑事事件弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※刑事事件弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

その他に関する新着コラム

その他に関する人気のコラム


その他コラム一覧へ戻る