> 
 > 
 > 
美人局で逮捕される際に該当する罪名や逮捕されてしまった場合の対処法
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit
Sidebar_line
2017.11.1

美人局で逮捕される際に該当する罪名や逮捕されてしまった場合の対処法

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事
Hgfds_(1)

美人局(つつもたせ)とは、夫婦などが共謀して行う犯罪のことです。女性がターゲットの男性と肉体関係を持ち、事が済んだタイミングで夫が現れ、妻と性行為したことを口実に因縁をつけ、金銭等を巻き上げます。

 

このような行為は、恐喝罪・詐欺罪・脅迫罪・強要罪などに該当する可能性があり、もし暴力を振るっていれば、暴行罪、傷害罪、強盗罪が適用される可能性もあるでしょう。

 

例えば、恐喝罪の場合でも10年以下の懲役に処される恐れがありますし、強盗罪ともなれば5年以上の有期懲役に科される可能性があります。

 

今回は、美人局が該当する罪に関して説明をした上で、逮捕されるとどうなるのか、ということをご説明します。

 

身内が逮捕された方はすぐにご相談を!

 

美人局で逮捕された場合、次のようなリスクがあります。

 

  1. 長期間の身柄拘束をされる可能性がある
  2. 内容によっては、懲役刑が科される
  3. 前科がつく可能性がある

 

逮捕から起訴までの期間は最長で23日間です。

この間に適切な弁護活動を受けられたかどうかが、今後の命運を左右します。

 

お住いの地域から刑事事件が得意な弁護士を検索し、お悩みをご相談ください

 

 【目次】
美人局が該当する可能性のある罪の種類とその罰則
強盗罪
恐喝罪
詐欺罪
脅迫罪
強要罪
美人局で逮捕された事例
恐喝容疑で逮捕された美人局の事例
暴行を振るい強盗致傷の疑いで逮捕された美人局の事例
美人局が発覚し逮捕された後の流れ
警察からの捜査と送致
勾留
起訴・不起訴
美人局で逮捕される人が弁護士に相談するメリット
まとめ

 

 

 

美人局が該当する可能性のある罪の種類とその罰則

美人局をした場合、次の罪などに該当する可能性があります。

 

強盗罪

強度の暴力や脅迫で相手の反抗を抑圧し、金銭等を奪い取ることで強盗罪が成立します。美人局で騙された男性に対し、暴行を加えるなどしてお金を奪い取れば、恐喝罪に該当する可能性があります。法定刑は5年以上の有期懲役です。

 

恐喝罪

暴力や脅迫で相手を畏怖させて金銭等の交付を受けた場合は恐喝罪が成立します。強盗罪との違いは、暴力や脅迫の程度、相手の処分行為の有無です。恐喝罪の法定刑は10年以下の懲役です。

参考:『恐喝罪で逮捕された場合の罪の重さと迅速解決のための方法

 

詐欺罪

相手を騙して事実誤認させて金銭等の財産交付を受けた場合、詐欺罪に該当します。【Plum:詐欺の欺罔行為は財物交付に向けられている必要があります。記載内容はちょっと意味が分かりません。】

詐欺罪の法定刑は、10年以下の懲役です。

参考:『詐欺罪とは

 

脅迫罪

「慰謝料を払わないと会社に言いふらす」など、相手を脅して怖がらせること事態も脅迫罪に該当する可能性があります。罰則は2年以下の懲役又は30万円以下の罰金です。

参考:『身近にあふれる様々な脅迫罪と逮捕されてしまった後の対処法

 

強要罪

暴力や脅迫によって、本来相手に義務がないことを無理やりやらせると強要罪に該当する可能性があります。罰則は3年以下の懲役です。

参考:『強要罪の成立要件と逮捕された後の適切な弁護活動

 

この他にも、暴力を振るった場合などは暴行罪傷害罪が適用される可能性もあります。

 

美人局で逮捕された事例

ここでは、美人局で逮捕された事例をご紹介します。

 

恐喝容疑で逮捕された美人局の事例

インターネットの出会い系アプリに書き込みをした男性から現金を脅し取ったして、大阪府警刑事特別捜査隊は24日、恐喝容疑で、住所不定、無職の男(21)を逮捕した。「何も言いたくない」と黙秘している。

 

 逮捕容疑は、昨年10月上旬、携帯電話で出会い系アプリに書き込みをしてきた大阪市内の男性会社員(22)に対し、「まだこんなことやってんのか。半殺しにするぞ」などと言って消費者金融から現金計90万円を借りさせ、脅し取ったとしている。

引用元:産経WEST|美人局の常習犯か 出会い系に書き込んだ男性から現金脅し取った容疑で無職男を逮捕 大阪府警

 

恐喝の疑いで逮捕された事例です。ニュースを見る限り実際に暴行をした様子はありませんが、「半殺しにするぞ」と脅して90万円を騙し取っていることから、恐喝罪で逮捕されています。

 

暴行を振るい強盗致傷の疑いで逮捕された美人局の事例

出会い系サイトを利用し、「美人局(つつもたせ)」の手口で少女に会いに来た男性に集団でけがをさせ、現金を奪ったとして、兵庫県警少年捜査課と西宮署は18日、強盗致傷容疑で、通信制高校1年の男子生徒(18)ら16~18歳の少年5人と、中学3年の少女(15)の計6人=いずれも兵庫県尼崎、西宮市=を逮捕したと発表した。5人は容疑を認めているが、1人は「その場にいただけ」と否認しているという。

 

 同署によると、男性と少女は出会い系サイト「ハッピーメール」で知り合い、同市内のコンビニエンスストアで待ち合わせ、男性の車で公園に移動。その後、ベンチ付近に少年5人が駆けつけ、「強姦(ごうかん)になるぞ」などと因縁をつけて集団で暴行を加えたという。

 

 逮捕容疑は13日午前0時ごろ、同市西宮浜の公園で、大阪市淀川区の会社員男性(30)を殴って顔に軽傷を負わせ、現金約1万円を強奪。さらに、少年らの車で移動し、同日午前7時ごろ、西宮市天道町の別のコンビニで現金10万円を奪ったとしている。

引用元:産経WEST|「強姦になるぞ」〝美人局〟容疑で少年少女6人逮捕 兵庫県警

 

強盗致傷容疑で逮捕された事例です。強盗致傷罪は、強盗をする際に被害者に怪我を負わせた場合に成立する罪です。美人局を行った少年が男性会社員から1万円を強奪する際に顔を殴って軽傷を負わせていることがニュースの文面からわかります。

 

美人局が発覚し逮捕された後の流れ

では、美人局が発覚し逮捕された後はどうなってしまうのでしょうか。以下でお伝えします。

引用元:逮捕後の流れと手を打つべき5つのポイント

 

警察からの捜査と送致

逮捕されると被疑者(逮捕された人)は、警察から捜査を受け、48時間以内に検察へ身柄と事件記録を移されます(送致)。警察からの捜査で、軽微な犯罪だと判断されれば微罪処分として身柄釈放されることもありますが、美人局は詐欺や恐喝などの重罪に該当することも考えられるので、微罪処分となる可能性は低いでしょう。

 

勾留

送致後、検察が被疑者の身柄拘束とさらなる捜査が必要だと判断すれば、裁判所に勾留請求を行い、裁判所が認めれば被疑者は勾留されます。この勾留期間は最大10日間ですが、さらに捜査が必要な場合、勾留延長の請求→裁判所の認可によって最大20日まで勾留されることもあります。

 

起訴・不起訴

ここまでの最大23日以内に検察は被疑者の起訴・不起訴を判断します。不起訴の場合、被疑者の身柄は解放され、原則的に刑事手続きは終了します。起訴されると刑事裁判を待つ身(被告人)となります。

身柄釈放をされて簡易的に刑事手続きを進める略式起訴という方法もありますが、美人局は詐欺や恐喝などの重罪に該当するケースもあり、その場合略式起訴されることはほとんどないでしょう。

 

美人局で逮捕される人が弁護士に相談するメリット

美人局で騙した人数や奪い取ったお金の金額、被害者に負わせた傷害の程度にもよりますが、法律の専門家である弁護士に依頼をすることで、次のようなメリットを得られる可能性があります。

 

  • 釈放が早くなる可能性がある
  • 前科がつかない可能性がある
  • 不起訴になる可能性がある
  • 刑を軽くできる可能性がある

 

特に逮捕後であれば身の自由が効かないので、弁護士に依頼をする以外に上記のようなメリットを得るために対策する術はありません。また、逮捕されそうなタイミングの場合も、被害者と示談交渉を済ませておくことで、逮捕や起訴を免れる可能性があります。

 

まとめ

今回は、美人局で逮捕される場合の罪状や逮捕された事例、逮捕後の流れなどについてお伝えしてきました。逮捕された場合は身柄が拘束されるため、刑が軽くなるよう働き掛けるのであれば、弁護士に刑事弁護を依頼することになるでしょう。

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

弁護士への相談で刑事事件の早期解決が望めます


刑事事件に関する専門知識をもつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

・罪に問われた身内を助けたい
・窃盗罪や傷害罪で捕まってしまった
・痴漢冤罪などの冤罪から逃れたい

など、刑事事件でお困りの事を、【刑事事件を得意とする弁護士】に相談することで、刑事事件の早期解決となる可能性が高まります。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。あなたの相談に、必ず役立つことをお約束します。

Prevent_banner
編集部

本記事は刑事事件弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※刑事事件弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

詐欺罪に関する新着コラム

詐欺罪に関する人気のコラム


詐欺罪コラム一覧へ戻る