> 
 > 
 > 
【事件発覚前】「逮捕されるんじゃないか」と不安な方へ
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit
Sidebar_line
2019.1.21

【事件発覚前】「逮捕されるんじゃないか」と不安な方へ

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所
上田孝明 弁護士
監修記事
Img_1548059967

当サイト、刑事事件弁護士ナビには「罪を犯してしまったのですが、私は逮捕されますか?」といった相談が来ることも少なくありません。

 

しかし、そもそも事件が発覚するかどうかということもありますし、捜査・逮捕をするかどうかは警察次第でもあります。

 

弁護士に相談しても確実なことはわからず「現段階では様子を見るしかありません。逮捕されたり警察から呼び出しを受けたりしたら改めて相談してください。」という回答しかできない場合が多くなります。

 

犯罪を起こす人のなかには、サイコパスのような異常者だけではなく、「なぜ、こんなしっかりした人が…?」と疑問に思うような常識人の方もいます。

 

そして常識的な倫理観を持った方ほど、罪を犯した罪悪感、いつ警察が来るかわからない不安を感じながら、心苦しい日々を過ごしているものです。
 

私たちは、そのような常識的な倫理観を持ちながらも罪を犯してしまった方には、罪を償い健全な生活に戻るため、いち早く自首していただきたいと考えています。

 

また、同時に自分の犯した罪を後悔し、深く反省している方が、不当に重い罪を着せられることも防ぎたいと思っています(弁護士はまさにこの役割を担っています)。

 

なぜ自首すべきなのか。自首する際、弁護士に依頼すると具体的にどのようなことをしてくれるのか。解説していきます。

 

自首をするべき理由

罪が軽減される可能性がある

犯行や犯人が捜査機関に発覚する前に警察に出頭すると、自首が成立します。

 

刑法42条には、自首をした場合はその刑を軽減できるといった旨の記載があります。

 

自分がやってしまったことを悔いており、やり直したい気持ちがあるのなら、自首をするのも選択肢の一つです。

 

ただし、犯行や犯人が捜査機関に発覚した後に出頭しても自首にはならないので、自首をするのであれば早いほうがいいかもしれません。

 

逮捕されないことがある

悪いことをした人すべてが逮捕されるわけではありません。

 

逮捕されるのは、事件を起こして間もない場合のほかに、証拠隠滅や逃走の恐れがある場合です。

 

自首をしたことで証拠隠滅や逃走の恐れがないと判断されれば、今までの生活を続けながら取り調べを受けられます。

 

結果、会社や周囲に犯行を知られるリスクを低くできます。

 

怯えながら過ごさないでよくなる

「警察はいつくるのか」「逮捕されたらどうなるんだろう」と不安や恐怖を感じながら生活する必要がなくなります。

 

逮捕されるかどうかは警察次第なので、こちらが一人で悩んでいても答えが出ることは少ないでしょう。仮に逮捕されるとしても、何ヶ月も経ってから、ということもあります。

 

このような不安を長期間抱えながら過ごす生活は苦しいものです。そこから解放されるには、やはり自ら行動して自首をするのが最もよい方法といえます。

 

とはいえ、たった一人で自首をするのは心細いものでしょう。また、警察や検察の一方的な取り調べによって、必要以上に重い罪になる可能性もあります。

 

そのため、自首をする場合は弁護士に相談・同行してもらうのが良いでしょう。

 

自首をする前に弁護士に相談・依頼するメリットをお伝えします。

 

自首をする際に弁護士に相談・依頼するメリット

自首に同行してもらえる

弁護士が自首をするときについてきてくれるというのは、心強いことではないでしょうか。

 

事件のことを職場や家族に知られたくない場合でも、弁護士が事件の情報について管理することで、職場の人や家族に連絡がいかずに済むことがあります。

 

また、自首にあたり必要な事件関係の資料を準備したり、警察から取り調べを受ける際にどのように対応すべきか事前に助言をしてもらえるので、万全な準備ができるとともに精神的な負担も軽減できるでしょう。

 

一人で自首するよりも逮捕されにくくなる

上でも少し書きましたが、自首をする際に、自分の身一つでよいというわけではなく、資料も準備しておく必要があります。

 

その一つとして、警察に対しての本人の上申書があります。これは、事件の内容や加害者の状況などをまとめたもので、不要不当な取り調べを避けるとともに、逃走や証拠隠滅の恐れがないことを主張するものにもなります。

 

また、家族の身元引受書も提出することで、家族が本人をしっかりと監督して、逃亡や罪証隠滅をさせないことを示すことができます。

 

不起訴や執行猶予を目指せる

弁護士に刑事弁護を依頼することで、不起訴を目指せる場合があります。

 

不起訴になれば刑事裁判により罪を問われないので、前科がつくことはありません。また、起訴された場合でも執行猶予や罰金刑になれば、刑務所に行かずに済みます。

 

不起訴や執行猶予を目指す上でも、自首をした事実は「反省している」として罪の軽減に繋がります。

 

繰り返しになりますが、捜査機関に犯行や犯人が発覚した後では法律上は自首したことにはなりません。しかし、自ら出頭した事実自体は、反省し処分に服する意思を示すものとして、法律上の自首ほどではありませんが処分にあたり考慮されることがあります。

 

いつ警察に逮捕されるかわからない不安な日々を送るよりも、罪を償うために自首することを決意し、弁護士に相談しましょう。

 

それが、まっとうな生活に戻るための第一歩となります。

 

 

それでも自首を決断できない方へ


  • 「これって犯罪なの?」
  • 「私は逮捕されるの?」など

ちょっと聞きたいだけ、という方は法テラス(0570-078374)をご利用いただくと、無料で相談できます

 

この記事の監修者
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所
上田孝明 弁護士 (東京弁護士会)
依頼者を第一に考え、適切な手続と結果にする為の刑事弁護に注力。厳しい立場に置かれているクライアントの力になり、不当な取り調べや失職などの不利益から守るために、逮捕前から裁判終了まで幅広く対応している。

弁護士への相談で刑事事件の早期解決が望めます


刑事事件に関する専門知識をもつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

・罪に問われた身内を助けたい
・窃盗罪や傷害罪で捕まってしまった
・痴漢冤罪などの冤罪から逃れたい

など、刑事事件でお困りの事を、【刑事事件を得意とする弁護士】に相談することで、刑事事件の早期解決となる可能性が高まります。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。あなたの相談に、必ず役立つことをお約束します。

Prevent_banner
編集部

本記事は刑事事件弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※刑事事件弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

その他に関する新着コラム

その他に関する人気のコラム


その他コラム一覧へ戻る