> 
 > 
 > 
クレプトマニア(窃盗症)とは|なりやすい人の特徴と治療方法
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit

クレプトマニア(窃盗症)とは|なりやすい人の特徴と治療方法

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事
%e4%b8%87%e5%bc%95%e3%81%8d

クレプトマニア(くれぷとまにあ)とは、窃盗を行う緊張感と、窃盗後の解放感からくる精神的な起伏を好み、窃盗を繰り返してしまう精神障害の1種です。利益目的の窃盗(万引き)とはことなり、窃盗癖ともよばれています。

 

犯罪自体は、数百~数千円の物を万引きするような軽微なものですが、何度も万引きを繰り返してしまい、逮捕回数も複数回に及びます。結果として、社会生活へも支障をきたしてしまうので、軽く考えてはいけない問題です。

 

この記事では、クレプトマニアの特徴や治療法、さらに刑事事件での弁護方法をご紹介します。

万引きで逮捕された場合は弁護士へご相談ください!

もしあなたの親族が「逮捕・起訴・勾留」されているのであれば、一刻も早く弁護士に相談されることをオススメします。

 

「たかが万引き」かも知れませんが、万引きはクレプトマニアでの再犯が高くなっています。

 

対処法を誤ると、再犯に繋がったり身柄拘束が長引いたりします。

 

ほとんどの事務所が通話料無料で連絡できますので、下記よりお近くの刑事事件が得意な弁護士を探してご相談ください。

東京
大阪
愛知
神奈川県
その他
現在営業中
Cta_detail_chevron
Office_info_201906181038_14261
東京
中央区
弁護士法人ネクスパート法律事務所

【年間相談件数800件以上】早期釈放・前科回避を目指し迅速対応いたします!性犯罪 でご家族が逮捕された方、すぐにお電話を!ネクスパート法律事務所では実績豊富な弁護士が在籍。24時間・365日対応。
地図を見る
地図を閉じる
逮捕・捜査中の方は今すぐ弁護士に連絡を!
通話料
無料
Cta_detail_call_icon
0037-60076-6027
Cta_detail_mail_icon メールで問い合わせ
【 東京都】他の弁護士事務所を見る

 

クレプトマニアの特徴|主な原因ときっかけ

冒頭でもご説明しましたが、クレプトマニアとは、窃盗癖とも呼ばれる窃盗を止めることのできない精神障害の一つです。犯罪行為自体は、数千円程度の軽微な万引きを繰り返すことが見受けられます。

 

クレプトマニアの原因や特徴など
  1. お金はあるのに窃盗(万引き)を繰り返す
  2. ストレスの発散にしている可能性が高い
  3. 窃盗する物は自分もあまり必要としていないもの
  4. クレプトマニアとなるきっかけ
  5. うつ病との関係性

 

お金はあるのに窃盗(万引き)を繰り返す

通常、窃盗を行なう動機は「その物が欲しいけど、お金が足りなかった」といった、利益目的の動機があるはずです。しかし、クレプトマニアの人は「窃盗している時のスリルが欲しい」「ダメだと分かっているのに止められない」といったように、利益目的と関係ない理由で窃盗を繰り返してしまいます。

 

ストレスの発散にしている可能性が高い

クレプトマニアになってしまう大きな原因が、ストレスや依存によるものです。ストレスや不安、寂しさなどを感じ、その感情の穴埋めをするために、窃盗を行ってしまいます。

買い物依存症の人が「買う行為」で満たされるように、クレプトマニアは「盗む行為」で自分の満たされない感情を満たします。

 

窃盗する物は自分もあまり必要としていないもの

窃盗している物自体も、自分は必要としていないようなものばかりで、捨てたり、他人に譲ったり、中には万引きをしてもすぐに店に返すような行為を取ります。ギャンブル依存症などに近く、ゲーム感覚、もしくは、ストレス発散方法として窃盗を繰り返します。

 

クレプトマニアとなるきっかけ

例えば過度なダイエットでストレスを感じると魔がさして万引きをしてしまい、その一度の万引き行為が快感になり、本人の中では「ストレスを感じたら万引きをする」などもクレプトマニアになるきっかけになります。

 

うつ病との関係性

過度なダイエットや精神的なストレスを抱えている方が陥りやすいと言われており、過去の判例では『摂食障害等の精神障害があり,本件犯行時の被告人の行動制御能力は,相当程度強く障害され,被告人の本件犯行は,心神耗弱に準ずる行為として評価されるべきである』とする主張を、弁護士がしていた事例もあります。

 

最終的には『犯行には,被告人のクレプトマニアや摂食障害等の精神症状による衝動制御の障害が関連してる』とする判決が出ているため、うつ病や摂食障害等でクレプトマニアとなる可能性はゼロではないと思われます。

 

クレプトマニアと通常の窃盗犯との違い

それでは、クレプトマニアと通常の窃盗を行う理由の違いを解説していきます。簡単にいえば「利益目的があるか」ということと「依存性があるか」ということです。

 

クレプトマニアの特徴

上記の理由とクレプトマニアが大きく違うことが、既に説明したとおり「利益目的がない」「常習性がある」という特徴です。

 

クレプトマニアの特徴
  • 利益目的が全てではない
  • 常習性が有る
  • 他の病気との合併症が見受けられる
  • 買えないから盗むというわけではない

 

利益目的が全てではない

窃盗の理由に、利益目的がありません。単に窃盗をしている瞬間の快感が欲しかったり、辛いことから目をそらすために窃盗を行ってしまいます。クレプトマニアは、窃盗の為の窃盗とも言われています。

 

常習性が有る

窃盗を行って一時的な快感を覚えた後に、罪悪感が訪れます。万引きしたところを見つかると本当に深く反省します。しかし、窃盗を止めることを自分で制御できず、時間が経つとまた窃盗を行いたくなってしまいます。

 

他の病気との合併症が見受けられる

クレプトマニアの人には、他の病気を合併している人が多く見受けられます。うつ病・摂食障害・女性のホルモンバランスの乱れなどが見られます。特にクレプトマニアは、女性が多くなっています。

 

買えないから盗むというわけではない

クレプトマニアの方が窃盗する物は、高いものとは限りません。むしろ、どこにでも手に入るような数百円の物ばかりです。いざクレプトマニアで万引きした人を捕まえてみても、財布の中には盗んだ物が買えるだけのお金を十分に持っていることは往々にしてあります。

 

通常の窃盗を行なう人の特徴

通常の窃盗を行なう人の特徴
  • 生きるため・利益のために犯行に及ぶ
  • 一時的な感情で犯行に及ぶ

生きるため・利益のために犯行に及ぶ

  • 「貧困で食費が足りないから万引きをした」
  • 「自分では買えそうにないから窃盗をした」「生活費が必要だからスリをした」

などの利益の為の窃盗です。窃盗の理由としても分かりやすいものではないでしょうか。

 

アルコール依存や薬物依存、性的欲求などの別の依存性を満たすために窃盗を行う人もいます。クスリを買うお金が欲しくて盗みを働いたり、自分の性的欲求満たすための下着どろぼうなどがこちらに当てはまります。

 

一時的な感情で犯行に及ぶ

仕事や恋愛がうまく行かず、イライラした感情をぶつけるために、衝動的に窃盗を行う人もいます。ある意味クレプトマニアへの通り道ですが、クレプトマニアとの違いは、常習性が有るかどうかです。一時的な感情で「魔が差して」窃盗をする人もいます。

 

クレプトマニアの治療方法

クレプトマニアは精神障害の一つです。例えば、クレプトマニアの人が捕まってしまったからといって、周りの人が「また盗んだよ」などといった反応をしてしまうと、本人は余計自己嫌悪に陥り、症状が悪化してしまいます。

 

クレプトマニアの人が逮捕されてしまっても「犯罪を起こした人」と見る前に「病気に悩んでいる人」として接してあげることを心がけて下さい。本人が関わる人達にも身近な人が可能な限り事情を伝え、接し方を改めてもらうようにして下さい。

 

クレプトマニアの治療方法
  • 専門機関に診てもらう
  • 周りの人たちが気にかけてあげる

 

専門機関に診てもらう

このように、クレプトマニアは病気です。「クレプトマニアかも」と思った方は、一度必ず専門家の診断を受けるようにして下さい。何科の病院が良いかというと、精神科・心療内科です。

 

クレプトマニアは、アメリカの精神医学会の診断基準であるDSM-5においても、「窃盗症」と記載されている精神疾患です。参考までに、DSM-5におけるクレプトマニアの診断基準は以下の5項目です。

A:個人的に用いるのでもなく、またはその金銭的価値のためでもなく、物を盗もうとする衝動に抵抗できなくなることが繰り返される。
B:窃盗におよぶ直前の緊張の高まり。
C:窃盗を犯すときの快感、満足、または解放感。
D:盗みは怒りまたは報復を表現するためのものでもなく、妄想または幻覚に反応したものでもない。
E:盗みは、行為障害、躁病エピソード、または反社会性人格障害ではうまく説明されない。
ただここで示されている診断基準は、1つの目安ではありますが絶対的なものではありません。

引用元:医療法人社団 榎会|クレプトマニア(窃盗症)

 

ただ、まだクレプトマニア自体の認知度も低く、思うような診断をしてくれず「やっぱり自分が悪いのか」と余計本人の負担になってしまうだけで終わってしまうケースもあります。

 

事前に病院に問い合わせてみるか、インターネットで「クレプトマニア 治療 ◯◯(地域名)」と検索してみて、クレプトマニアに適した病院を探しても良いでしょうし、依存症の治療に特化した病院や診療所もありますので、そちらから探してみて下さい。
 

周りの人たちが気にかけてあげる

クレプトマニアに悩んでいる方がいても、本人一人の頑張りで解決させることは難しいです。何よりも周りのご家族や知人・友人がクレプトマニアを理解して寄り添うことが大切です。

 

クレプトマニアの方は犯罪行為をしてしまいますが、「また盗んだよ」という反応で接してしまうと、本人がさらに傷つきクレプトマニアを制御するどころか、より悪化してしまうことが目に見えています。

 

ご家族の方が万引きをして警察やお店から呼び出された際は、真っ先に叱ったり注意したりするのではなく、上記のクレプトマニアの傾向がないかを判断し、一緒に寄り添って、まずはクレプトマニアを治していくことを最優先に考えていってください。

 

クレプトマニアの万引きで逮捕された時の弁護方法

クレプトマニアが病気とはいえ、物を盗む行為は犯罪です。

 

万引きをしたことによって逮捕されてしまうことも十分に考えられます。捜査機関にはまだまだクレプトマニアという認知が少なく、「何度も万引きしてしまう」という結果だけで判断されがちです。しかし、刑事罰を与えるだけでクレプトマニアは治らず、刑の終了後に再犯をしてしまうことが往々にしてあります。

 

こちらでは、クレプトマニアの万引きで逮捕されてしまった後の弁護方法を解説します。一般的な万引きでの逮捕の流れや対処法は「再犯率の高い万引きで逮捕されたその後にできる8つのコト」を一度ご覧ください。
 

クレプトマニアの弁護方法について
  1. クレプトマニアは刑罰では治らない
  2. クレプトマニア独自の弁護方法
  3. クレプトマニアに責任能力は有るのか?

 

クレプトマニアは刑罰では治らない

窃盗と言う犯罪行為を行ってしまうクレプトマニアですが、逮捕され有罪判決を受けると刑事罰を受けます。刑事罰には、犯罪の抑制や加害者の反省・再犯防止を目的とされたものですが、刑事罰を受けたところでそもそものクレプトマニアを治すことはできないと言えます。
 
クレプトマニアの方に罰則を与えても、再犯を起こしてしまうのであれば捜査機関本来の目的でもありませんし、クレプトマニアの方本人もクレプトマニアに悩み続けます。ですので、クレプトマニアの弁護では刑事手続きをいち早く終わらせて、早急に治療に専念させることが最重要になってきます。

 

クレプトマニア独自の弁護方法

クレプトマニアの弁護方法は、少し特殊なものがあります。上記のようにクレプトマニアは刑事罰(刑務所に入れる)程度では治らないと考えられています。刑務所から出所しても、すぐにまた万引きをしてしまう人が非常に多くなっています。

 

ですので、万引きで捕まったとしても、実際のところの重要度でいくと「罰則を与える<クレプトマニアの治療」なのです。理想としては「万引きで捕まる⇒早急に病気を治すという弁護⇒釈放される⇒専門家に診てもらう⇒完治」でしょう。

 

 

クレプトマニアに理解のある弁護士に依頼をする

クレプトマニアでの逮捕で一番恐れることは、実刑判決で拘束期間が長引き、クレプトマニアが治らないまま社会に戻され、再び万引きを繰り返してしまうことです。何としても早く釈放され、病院での治療が重要になってきます。

 

クレプトマニアは、高額なものを盗んだり計画的な犯行は行いません。いわゆる万引きなのですが、本来万引きは、そこまで刑罰が重くなるものではありません。しかし、万引きを繰り返すことで、刑罰も重くなってしまうのです。

 

クレプトマニアに理解のある弁護士に依頼をして、早期釈放での治療を必要とすることを弁護してもらうことが理想的です。「窃盗罪を得意とする弁護士」に無料で相談をしてみて、クレプトマニアに理解を示してくれるかを判断しましょう。

相談時に「クレプトマニア」という単語をはっきりと出してみても良いでしょう。弁護士の反応によって、クレプトマニアに対して認識があるかないかがはっきりと分かるかと思います。

 

 

 

カウンセリングを受ける病院を見つける

クレプトマニアで捕まっている人が釈放されたら、まず迅速に行ってほしいことは、クレプトマニアに理解を示す病院のカウンセリングを受けることです

 

これは、クレプトマニアの方の弁護活動の一貫として、家族や弁護士が協力して、治療に効果が見込めそうな病院にあらかじめ目星をつけておくことが良いでしょう。

 

2014年の法務省の犯罪白書でも、「精神疾患型の窃盗犯罪は医療機関に適切につなぐ必要がある」という見方をしています。弁護側と捜査機関の思惑が一致すれば、身柄開放も治療への第一歩もスムーズに進むでしょう。

 

クレプトマニアに責任能力は有るのか?

しかし、現段階ではクレプトマニアを理由に責任能力が無くなるとは言い切れません。責任能力が無いという理由で、無罪を獲得することは難しいでしょう。上記のような弁護方法を取ることが確実です。

 

 

まとめ

いかがでしょうか。クレプトマニアは病気です。確かに、物を盗んでしまう行為は犯罪行為ですが、まずは、その大元である病気の治療に注力して下さい。もしもクレプトマニアで逮捕されている場合は、早期の釈放を目指し、その上で治療を行って下さい。

 

また、夜間でも相談したい方は、『24時間対応の弁護士事務所一覧』をご利用ください。

 

 

関連記事

万引きで逮捕された後の流れと身柄拘束や再犯を防ぐ為の方法

窃盗で逮捕された|すぐに弁護士へ相談すべき4つの理由

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。
Prevent_banner
編集部

本記事は刑事事件弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※刑事事件弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

窃盗(強盗)事件を起こしたらに関する新着コラム

窃盗(強盗)事件を起こしたらに関する人気のコラム


窃盗(強盗)事件を起こしたらコラム一覧へ戻る