> 
 > 
 > 
空き巣で逮捕|問われる罪と罰則・逮捕後の流れを解説
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit
Sidebar_line
2018.12.26

空き巣で逮捕|問われる罪と罰則・逮捕後の流れを解説

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事
Img_1545821307

空き巣で逮捕された後の流れや処分はどうなるのでしょうか?

 

この記事では、空き巣で逮捕されたら問われうる罪や、量刑判断に影響する要因、過去の裁判例などをお伝えします。

 

東京
大阪
愛知
神奈川県
その他
現在営業中
Cta_detail_chevron
Office_info_20971
東京
千代田区
弁護士 吉田全郎 (増田パートナーズ法律事務所)/英語対応可能

【メール相談可】「家族が逮捕された」「逮捕される可能性が高いかも」など緊急性の高いお悩みを抱えている方は、お電話にてご連絡ください。
地図を見る
地図を閉じる
逮捕・捜査中の方は今すぐ弁護士に連絡を!
通話料
無料
Cta_detail_call_icon
0066-97356-5007
Cta_detail_mail_icon メールで問い合わせ
【 東京都】他の弁護士事務所を見る

空き巣逮捕で成立する罪とその罰則

空き巣で逮捕されたらどのような罪に問われるのでしょうか。

 

住居侵入罪

住居侵入罪とは、正当な理由なく他人の住居に侵入する犯罪のことです。有罪判決が下された場合、3年以下の懲役または10万円以下の罰金に処されます。

詳細:住居侵入罪(不法侵入)による罪の重さと逮捕後の流れ

 

窃盗罪

他人のものを盗んだことが発覚した場合、窃盗罪に問われることがあります。罰則は、10年以下の懲役または50万円以下の罰金です。

詳細:窃盗罪とは

 

補足|牽連犯(けんれんはん)とは

1つの行為で複数の罪が成立する場合、より重い罪が適用されます。これを牽連犯といいます。

 

空き巣の場合は物を盗むために他人の住居に侵入しているので、「窃盗罪」と「住居侵入罪」に当たる行為ですが、より重い罪である窃盗罪で処断されることになります。

 

 

空き巣の量刑に影響しうる要因

刑事裁判では、あらゆる要因を鑑みて罪の重さを決定します。ここでは、その一例をお伝えします。

 

被害の大きさや件数

同じ空き巣でも、例えば2万円盗んだケースと100万円盗んだケースでは、当然罪の重さが変わってきます。

 

同じく、1件しか空き巣をしていないケースと30件空き巣をしたケースでは、後者の方が明らかに悪質性や常習性が高く、重い罪に処されるでしょう。

 

示談成立の有無

不起訴や減刑を目指す上では、被害者との示談が成立していることが重要です。

 

空き巣の場合は被害者が複数いることも珍しくありません。この場合、すべての被害者と和解したり、示談金を支払ったりするのが難しくなるので、量刑が重くなることも予想されます。

 

前科・前歴の有無

同種の前科・前歴がある場合は、再犯の恐れがあるとみなされ、不利な情状となります。

 

例えば、すでに窃盗で懲役刑を下されていた人が、5年以内に再び窃盗で刑事裁判にかけられると、本来定められている期間の2倍以下の懲役刑に処される恐れがあります。

 

再犯の刑は、その罪について定めた懲役の長期の二倍以下とする。

引用元:刑法57条

 

また、窃盗の前科が多数あるような場合は、「盗犯等ノ防止及処分ニ関スル法律」に基づき常習累犯窃盗罪に問われ、3年以上の有期懲役となる可能性もあります。

 

空き巣の裁判例

裁判例を元に、空き巣で実際にどの程度の量刑が下されるのか見ていきましょう。

 

住居に侵入し、現金44万円などを盗んだ事例|懲役2年・執行猶予3年

項目

詳細

裁判結果

懲役2年・執行猶予3年

盗んだもの

現金44万円、ブラジャー1点、キャッシュカード1点、ほか2点

被害金額

合計約44万円程度

 

被告人は空き巣を3件行っており、現金44万円、ブラジャー1点、キャッシュカード1点などを盗んだようです。

 

地方公務員という安定した職につきながら、ギャンブルで生活が困窮し犯行に及んだということで、情状酌量の余地はありません。

 

前科がないことや、一部被害者との示談が成立していること、示談が成立していない被害者にも弁償金を用意していることなどから、更生の機会を与えるべく懲役2年・執行猶予3年となりました。

 

参照

裁判年月日 平成29年 8月10日 裁判所名 静岡地裁沼津支部 裁判区分 判決

事件番号 平29(わ)115号 ・ 平29(わ)150号

事件名 住居侵入、窃盗、邸宅侵入被告事件

裁判結果 有罪(懲役2年・執行猶予3年(求刑 懲役2年)) 文献番号 2017WLJPCA08106004

 

病院に侵入し、衣類などを盗んだ事例|懲役1年8ヶ月

項目

詳細

裁判結果

懲役1年8ヶ月

盗んだもの

カッターシャツ2点・トートバッグ1点

被害金額

1万8,000円相当

 

福岡県の病院に侵入し、カッターシャツ2点とトートバッグ1点(合計1万8,000円相当)を持ち去った事例です。

 

一般人の立ち入りが禁止されている医局研究室に、診療時間中に忍び込み窃盗をするといった大胆な犯行です。

 

計画性はなく、被害の程度も比較的軽微ではありますが、住居侵入などの前科が2件あり、仮釈放から2ヶ月経過する前に犯行に及んでいるといった背景などから、1年8ヶ月の懲役刑が下されました。

 

参照

裁判年月日 平成30年 7月20日 裁判所名 福岡地裁 裁判区分 判決

事件番号 平30(わ)422号

事件名 建造物侵入、窃盗被告事件

裁判結果 有罪(懲役1年8月(求刑 懲役2年10月)) 文献番号 2018WLJPCA07206003

 

 

空き巣で逮捕された後の流れ

空き巣に限らず、逮捕された場合は次のような流れになります。

 

 

  • 逮捕~事件送致|48時間以内
  • 事件送致~勾留請求|24時間以内
  • 勾留|原則10日、最大20日
  • 起訴もしくは不起訴

 

詳細:刑事事件の流れ|重要な48時間・72時間・23日以内の対応

 

逮捕から起訴までは最長でも23日しかありません。

 

空き巣が初犯であり、被害が軽微な場合は、被害者との示談交渉が成立することで、不起訴になることもありえます。

 

起訴後は約1ヶ月程度の起訴後勾留がありますが、この間弁護士に有利な情状を集めてもらうことで、執行猶予や減刑を得られることがあります。

 

 

家族が空き巣で逮捕されたら弁護士に相談するべき理由

最後に、空き巣加害者やそのご家族が弁護士に依頼をすると、どのようなことが期待できるのかをお伝えします。

 

被害者との示談交渉を代理してくれるから

不起訴や減刑を得る上では、被害者との和解が成立していることが重要になります。

 

しかし、加害者やその家族が直接被害者に示談交渉を持ちかけるのは困難です。

 

理由としては…

  • 被害者の連絡先を警察に聞いても教えてもらえず、連絡すら難しいから
  • 被害者の感情に配慮しながら交渉するのは経験がなければ難しいから

 

上記のような理由から、不起訴や減刑を目指すのであれば、弁護士への依頼をおすすめします。

 

重要弁護士に示談交渉を依頼するメリットとは?

 

不起訴を目指して弁護活動をしてくれるから

犯行の程度が軽微である場合や初犯である場合などは、不起訴になることもあります。

 

不起訴になれば即刻身柄は解放され、刑事裁判が行われないため前科もつきません。

 

ただ、空き巣は他の窃盗犯罪と比較して犯情が悪いので、不起訴が得られるかどうかはケース・バイ・ケースといえます。

 

執行猶予や減刑を目指した弁護活動をしてくれるから

不起訴が得られなかった場合は、減刑を目指すことになります。

 

執行猶予や罰金刑になれば刑務所に入ることはありません。

 

執行猶予とは、決められた期間内に再び罪を犯さなければ、刑を科さないこととする制度をいいます。

 

詳細:執行猶予の仕組みを分かりやすく解説|執行猶予獲得する方法

 

執行猶予には加害者の更生を促す目的もあるので、再犯を防止するために対策をしていくことが重要です。

 

まとめ

空き巣は住居侵入罪や窃盗罪などが成立しますが、1つの行為で2つの罪が成立しているので(牽連犯)、より重い罪である窃盗罪が成立します。

 

前科や和解の有無、被害の程度などにより、量刑の重さが判断されますが、不起訴や減刑を得るのであれば、弁護士に被害者との示談交渉を依頼することをおすすめします。

 

当サイトでは、刑事事件の解決実績がある弁護士のみを記載しているので、ぜひ心配に思っていることを相談してみてください。

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

弁護士への相談で刑事事件の早期解決が望めます


刑事事件に関する専門知識をもつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

・罪に問われた身内を助けたい
・窃盗罪や傷害罪で捕まってしまった
・痴漢冤罪などの冤罪から逃れたい

など、刑事事件でお困りの事を、【刑事事件を得意とする弁護士】に相談することで、刑事事件の早期解決となる可能性が高まります。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。あなたの相談に、必ず役立つことをお約束します。

Prevent_banner
編集部

本記事は刑事事件弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※刑事事件弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

窃盗罪に関する新着コラム

窃盗罪に関する人気のコラム


窃盗罪コラム一覧へ戻る