> 
 > 
 > 
【刑事事件】女性弁護士に相談したい人必見|依頼のメリットや選び方を解説
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit

【刑事事件】女性弁護士に相談したい人必見|依頼のメリットや選び方を解説

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事
Pixta_28857052_s

「刑事事件について、女性弁護士へ相談したい」と思う方もいるのではないでしょうか。

 

今は女性弁護士も多く活躍しており、弁護活動に男女の実力差はほとんどないと言ってよいでしょう。

 

この記事では、主に以下の3点についてお伝えしています。

 

  1. 刑事事件を女性弁護士へ依頼するメリット
  2. 刑事事件を依頼する弁護士の選び方
  3. 刑事事件弁護士ナビで女性弁護士を探すメリット

 

それぞれわかりやすくまとめていますので、刑事事件でお悩みの方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

弁護士への依頼を検討中の方へ

加害者や被害者が女性だった場合、女性の弁護士へ依頼することで、きめ細かな弁護活動をしてもらいやすく、スムーズな解決が見込めます。

 

同性だからこそ共感・配慮できることは想像以上に多く、同性だからこそ得られる安心感もまた、非常に大きいのです。

 

刑事事件弁護士ナビでは、女性の気持ちに寄り添った弁護活動を得意とする女性の弁護士も多数掲載しています。

刑事事件について、女性の弁護士への相談を考えている方はぜひ一度ご利用ください。

 

 

刑事事件を女性弁護士に依頼するメリット

刑事事件を女性弁護士に依頼するメリットは、やはり女性の気持ちに寄り添えるという点でしょう。

 

もちろん刑事事件の経験が十分な弁護士であれば性別は関係ないでしょうが、そうはいっても、やはり同性だからこそ共感したり理解できたりすることも少なくはありません。

 

この章では、刑事事件を女性弁護士へ依頼・相談するメリットを、状況別にくわしくご説明します。

 

加害者が女性の場合のメリット

犯行に及んでしまう経緯や動機は人それぞれですが、加害者が女性である場合、女性だからこその事情や心理があったかもしれません。

 

そのようなケースでは、女性弁護士へ依頼をしたほうが、より親身になって話を聞いてもらえる可能性が高く、安心して弁護活動を任せることができるでしょう。

 

それが結果として、事件の早期解決につながることもあり得ます。

 

なぜなら、親身になって話を聞いてもらうことで心を開きやすくなれば、弁護士との間に良い信頼関係が築けるからです。

 

弁護士は、事件が解決するまでの間、あなたが辛い時期を乗り越える上でのパートナーとなる存在ですから、信頼関係をしっかりと築いていくことで、より質の高い弁護が可能になります。

 

逆に言えば、きちんとした信頼関係を築いていかなければ、その後の弁護活動にも悪影響を及ぼしてしまうでしょう。

 

【関連記事】

【加害者向け】弁護士に相談・示談交渉を依頼するメリット

刑事事件加害者の示談交渉、弁護士費用の相場は?費用を抑える方法は?

 

被害者が女性の場合のメリット

弁護士も被害者も女性である場合、同性であるがゆえに信頼関係を築きやすい可能性が想定できます。

 

多少極端な例ではありますが、強制性交の被害者が男性に恐怖を感じるようになってしまった場合などであれば、女性弁護士に依頼したほうが上手にフォローをできる場合があるかもしれません。

刑事事件を依頼する弁護士の選び方

刑事事件の弁護活動を依頼したいと思っても、どのように弁護士を選べばよいのかわからないという方も多いと思います。

 

ここからは、刑事事件を依頼する弁護士の選び方について解説していきます。

 

刑事事件を解決した実績があるか

刑事事件での弁護活動を依頼する場合、非常に重要なのが、その弁護士に刑事事件を解決した実績があるかどうかです。

 

一口に弁護士といっても、相続問題を専門に扱う弁護士や、労働問題を専門とする弁護士など、得意分野はそれぞれ違います。

 

刑事事件の相談をしたいのに、まったく別の分野を得意とする弁護士に依頼してしまっては、きちんと解決してもらえるのか不安ですし、そもそも引き受けてもらえない可能性も高いでしょう。

 

刑事事件で弁護士を選ぶときは、まず刑事事件の解決実績がある弁護士を探し、そのなかから選んでいくようにしましょう。

 

スピーディーに対応してくれるか

相談した弁護士がスピーディーに対応してくれるかどうかも、弁護士を選ぶときに大切なポイントです。

 

逮捕後に勾留されている場合、起訴されるかどうかの判断が下されるまでの期間は最大23日間と決められています。

 

こうしたタイムリミットがあるなかで、弁護士がどれだけ迅速に動いてくれるかはとても重要です。

 

はじめの相談などでやりとりをする際には、弁護士からのレスポンスがスピーディーかどうかもしっかり確認しておきましょう。

 

フィーリングが合うか

弁護士といっても人間ですから、それぞれタイプが違います。当然あなたとの相性のよさも、弁護士によって変わってくるでしょう。

 

加害者が女性の場合」でもお伝えした通り、依頼する弁護士は、これから事件が解決するまで、あなたのパートナーとなる存在です。

 

実際に相談するときは「この弁護士と事件解決まで一緒に頑張っていけるだろうか?」という視点を持って話してみてください。

 

料金体系がわかりやすいか

弁護士費用の料金体系は事務所によってさまざまです。着手金や報酬金など、ある程度の傾向はあるものの、慣れていない依頼者では、「具体的にいくらかかるのか?」「どんな費用がかかるのか」など、簡単には理解できない場合が多いでしょう。

 

まずは料金体系がわかりやすい事務所や、あなたが納得できるまで丁寧に説明してくれる弁護士を選ぶことをおすすめします。

 

弁護士費用は決して安いものではありません。料金体系をはっきりさせた上で依頼することが大切です。

 

関連:刑事事件を得意とする弁護士の選び方と良い弁護士の特徴

刑事事件弁護士ナビで女性弁護士を探すメリット

ここからは、女性弁護士を探すとき、刑事事件弁護士ナビを利用するとどんなメリットがあるのかについて、順にご紹介します。

 

刑事事件の解決実績がある弁護士のみを掲載している

刑事事件を解決した実績があるか」でも触れましたが、弁護士はそれぞれ専門分野が異なります。刑事事件の弁護活動を依頼するなら、当然刑事事件の解決実績がある弁護士へ依頼すべきです。

 

刑事事件弁護士ナビでは、刑事事件の解決実績がある弁護士のみを掲載していますので、選択肢のピックアップがしやすいでしょう。

 

お住まいの地域の弁護士を比較しやすい

Web上で依頼したい事務所を見つけられたけど、いざ所在地を確認してみたら遠すぎてとても依頼できない…など、これでは調べる時間がもったいないですよね。

 

刑事事件弁護士ナビでは、地域ごとに事務所を一覧で見られるようになっているため、圧倒的に探す時間を短縮できます。

 

女性弁護士が在籍しているかどうかが一目瞭然

事務所の名前だけ載っていても、女性弁護士がいるかどうかがわからなければ相談しづらいと思います。1件1件に問い合わせするのも現実的ではありませんよね。

 

刑事事件弁護士ナビの事務所紹介ページには、弁護士の名前や写真など、詳細な情報が掲載されていますので、女性弁護士が在籍しているかどうかも一目瞭然。スムーズに事務所を探せるでしょう。

 

相談前に弁護士の雰囲気を知れる

「この事務所に話を聞いてみたい」と思っても、事務所の雰囲気などがわからないと連絡するのをためらってしまう方もいるかと思います。

 

刑事事件弁護士ナビの事務所紹介ページは、社内ライターが事務所に1件1件丁寧にヒアリングをし、その事務所がどんな雰囲気なのかが伝わりやすいように作成しています。

 

気になる事務所があり、相談するか悩んだときは、ぜひ参考にしてみてください。

 

まとめ

刑事事件について女性弁護士へ相談することのメリットや、依頼する女性弁護士の見つけ方についてご説明しました。

 

加害者が女性である場合は、同性であるがゆえの安心感を得られたり、それによって信頼関係が築きやすくなったりする一方、被害者が女性である場合、女性だからこそのきめ細かい配慮や、理解のある対応が期待できるでしょう。

 

刑事事件弁護士ナビでは、女性の気持ちに寄り添った細やかな弁護が得意な女性弁護士も多数掲載しています。

 

刑事事件についてお悩みの方で、女性の弁護士への相談を検討されている場合は、ぜひ参考にしてみてください。

 

関連:刑事事件に強い弁護士とは?よい弁護士を見抜くためのポイントと心構え

 

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

弁護士への相談で刑事事件の早期解決が望めます


刑事事件に関する専門知識をもつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

・罪に問われた身内を助けたい
・窃盗罪や傷害罪で捕まってしまった
・痴漢冤罪などの冤罪から逃れたい

など、刑事事件でお困りの事を、【刑事事件を得意とする弁護士】に相談することで、刑事事件の早期解決となる可能性が高まります。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。あなたの相談に、必ず役立つことをお約束します。

Prevent_banner
編集部

本記事は刑事事件弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※刑事事件弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

弁護士への依頼・相談に関する新着コラム

弁護士への依頼・相談に関する人気のコラム


弁護士への依頼・相談コラム一覧へ戻る